« 2010年01月 | メイン | 2010年03月 »

2010年02月

2010年02月28日

BMW・R1150GSアドベンチャ-

前後のショックアブソ-バ-をオ-リンズに交換(^_^)/

車体側のホルダ-の面取り、ショックアブソ-バ-側のピロボ-ルに給油、グリスアップを施し取り付けます。

オ-ナ-さんの体重を想定して1Gの設定をし、リバウンド側の減衰を調整^^

おほっ作業終了~~~って思っていたら・・・・

保証書に記載してあるショックアブソ-バ-の型番が違う事が発覚(>_<)(>_<)(>_<)

早速ディラ-に問い合わせてみると・・・

R1150GS用のショックアブソ-バ-だったんですねぇ・・・・(-_-;)

まぁ色々とやり取りはありましたが、ディ-ラ-さんの出荷ミスでもあり・・・

私の確認責任でもありますから・・・

つか、もう付けちゃったし・・

GS用とGSアドベンチャ-用は本体の全長もストロ-クも違うんです。

ディラ-さんともめても仕方ないので、再度GSアドベンチャ-用を発注し、再度装着。

と言う訳で、、オ-リンズのR1150GS用のショックアブソ-バ-が新古品在庫になっちゃいました(~_~;)

アドベンチャ-のオ-ナ-さんも、絶賛のオ-リンズ!

只今、大変お得な価格になっております、そこのR1150GSの貴方!如何でしょうか・・・

詳しい情報はこちらからm(__)m
http://blog1.reira-sports.com/2010/02/post_1509.html

投稿者 reira : 10:07 | コメント (2)

緋寒桜 (^。^)

BBSの方にアップしましたが、やはり大きな画像の方が綺麗ですからね~^^

緋寒桜!沖縄や奄美ではソメイヨシノではなく、これが桜なんです(^_^)/

ソメイヨシノの淡い色彩は咲き誇る中に壮観な美を感じますが、緋寒桜の鮮やかな桜色は極点の美を感じますね~~(^-^)

投稿者 reira : 06:30

2010年02月27日

テストライダ-と言う仕事 その1(^_^)/

全く同じタイトルの現役テストライダ-さんのブログがありますが・・・(~_~;)

私のブログにも何度か書き込みを頂きましたm(__)m

どこのメ-カ-のテストライダ-さんなのか、まぁ予想は付きますけど、会社によってそれぞれ考え方が違うものだと、、、つくづく思いますねぇ。

まず、テストライダ-と言っても色んな立場、身分、形態があります。

メ-カ-の社員、嘱託契約のライダ-、メ-カ-のテスト専門の子会社の社員、個人契約や法人契約。

そして業務委託契約。

身分や形態はそれぞれのメ-カ-さんの考え方によりますが、私の場合は技術屋と実走試験のライダ-を掛け持ちしてました(~_~;)

しかし、会社の総務の考えでテスト中の怪我や死亡事故が労働災害に成っては困る・・・

って事で子会社の市場開拓部(4輪タイヤ)って所に転属し、テスト契約は個人契約と言う形態をとっていました。

なんだか物凄く納得のいかない感じではありました。

そんな中で、私は会社を退職し現在のショップを立ち上げ、メ-カ-さんとは業務委託契約と言う形態になった訳です・・・

通常、メ-カ-内には試験を行う規格が存在していて、試験内容も規格に沿って淡々と行われます。

これって、物凄く根暗で面白くない仕事なんです・・・((+_+))

でもねぇ。。

設計の連中はこんな規格の中のテストではなく、もっと奥が見てみたいって思うんですよ。

その気持ちが製品を飛躍的に進化させる力でもあります。

でもって、規格外の実証試験をやるのですが、、

これが業務委託契約の存在意義なのかもしれません。

設計者の見てみたい、実証してみたいパフォ-マンスや規格外のデ-タ-取りを委託先の技術者と試験の方法を打ち合わせ、実施するのです。

この場合、ハイパフォ-マンスタイヤやレ-シングタイヤが殆ど。

リスクは大きいのですが、遣り甲斐もあるし第一楽しい(^_^)/

これこそが開発テストなんですね!

ここで得たデ-タ-は一般に公開されるJATMA規格とは違った、メ-カ-のノウハウがあり、テクノロジ-として蓄積されていく訳です(p_-)

マテリアル、構造、生産技法までディスカッションを行います。

規格にそったテストも重要ですが、それだけではやはりイメ-ジが広がりません。

色んな裏話やメ-カ-さんの考え方の違いなど、、少しずつ書いてみたいと思います^^

続く・・・・

投稿者 reira : 10:34

2010年02月26日

レ-シングクォリティ- (^_^)/

お客様からご指名でオ-ダ-を頂きました^^

なんとも懐かしいメ-カ-さんのライディスングステップキット(^'^)

バリバリのレ-シングチ-ムさんでしたが今はパ-ツメ-カ-さんに成っているのですねぇ。

知りませんでした(~_~;)

ところで、こてこてのレ-ス屋出身のパ-ツメ-カ-さんの製品って質実剛健にして合理的!

製品の仕上げも美しいものが多いですね^^

しかし・・・・

目的と必要な要件はピシャリと抑えているのですが・・・

例えば・・・・マスタ-シリンダ-がホルダ-に干渉してるのですけど・・・

>えっ?シム入れればイイじゃん。つか、干渉しても問題なし(キッパリ)

とか・・・・

シム入れるとプッシュロッドのセンタ-が出ないんですけど・・・

>当たり前じゃん、シム入れたら、ピロボ-ルの間にもシム入れないとね~~

なんて、思っているのかどうかは判りませんが・・・^^;

こんな感じ・・・・

操作性、ポジション等ライディングステップに必要なパフォ-マンスは申し分ありませんけどね・・・。

なんと申しますか、車両メ-カ-さんで例えるならドカティとBMWみたいな・・?

方やバイクにコンセントはいらんやろ~~~~・・的な。。

方やそんなにエンジンノイズがデカいと音楽聞けんやろ~・・・みたいな(~_~;)

かゆい所に手が届く、、ストリ-トには大切なところですよね(^_^)/

まして、ストリ-トなバイクライフには風情や情緒も必要不可欠ですから・・

えっ私?私はバリバリのストリ-トタイヤの開発出身ですから~~(^'^)

投稿者 reira : 06:30

2010年02月25日

00~03BMW/R1150GS用オ-リンズ大特価!!

00~03年型BMW・R1150GSに適合するオ-リンズショックアブソ-バ-を前後セットで取り付け工賃、税込みで¥182300でご提供(^_^)/

但し、新品同様の訳あり新古品、1台分です。

訳ありって・・・

意味深ですが・・・

要するに、私がオ-ダ-ミス・・・・しちゃったりしたりして(~_~;)

商品は正規輸入品なのでメ-カ-さんの保証書も確り付いております。

182300円ですよ・・・・182300円・・・・。

ほんなこつ・・・。

興味のある方は、是非ご一報を m(__)m

物凄く・・・・・お得ですよ。。。

投稿者 reira : 06:48

2010年02月24日

梅も満開!春ですね (^^♪

暖かな日が続いています^^

来週は3月ですからね~~~本格的な春も、もうそこまで来ているようですね!

平和記念公園の梅の花も満開 (^v^)

春の木漏れ日に誘われてメジロちゃんもご機嫌の様ですね~~

それにしても、最新のコンパクトデジカメって凄いですね~~~!

ちょっと前の一眼レフよりも、パフォ-マンスは上かも知れません、。

小鳥を撮影するときは、何十枚も撮ってまともな画像は2~3枚って所でしたが・・・・

一発キャッチ (^_^)/

まぁカメラを構えて・・・静かにチンャンスを待つのは同じですけどね(^。^)

バッチリでしょ!!

投稿者 reira : 10:12

相棒 (^-^)

単身赴任で北九州に来られたお客様。

もともと筑波のワンメ-クレ-スに参加するために購入したCBR150だそうですが・・・

赴任先の交通の便が悪く、今ではひと時も手放すことが出来ない”生活の足”に成ってしまった様です。

とっても寒かった今年の冬も、移動は常にCBR^^

冬場にこんなにバイクに乗ったのは学生時代以来だなんて仰ってましたよ~(~_~;)

可愛い盛りのお子さんと奥さまを残しての単身赴任・・・

今の楽しみはTV電話とCBR150のご様子、、。

春ももうそこまで来ています、あと少しの辛抱ですね(^_^)/

投稿者 reira : 07:17

2010年02月23日

タイヤ インフォメ-ションラベル (^_^)/

タイヤのインフォメ-ションラベルは各車両に張り付けてある適合タイヤサイズ、空気圧等が表記されたラベルのことです。

画像はある逆輸入車のタイヤインフォメ-ションラベルですが・・・

120/70ZR17(58W)と180/55ZR17(73W)

どちらも冷間時の指定空気圧が290Kpaになってますよ・・・^^;

一人乗りでもパッセンジャ-がいても・・・同じ。

58Wと言うのは荷重指数を表しており最大234kgの荷重に耐えると言うことで73Wでは最大365kg。

両輪を合わせてMAX599kgの荷重に耐えちゃうってことですよ(^_^)/

しかし・・・・

荷重指数は充填空気圧で変化します。(あくまでも適正範囲内の空気圧)

空気圧が高ければ荷重指数は上がり、空気圧が低ければ荷重指数は下がります。

で、この荷重指数と空気圧の関係はJATMA(日本自動車タイヤ協会)の規格で決められており、空気圧別負荷対応表というもので調べることができるのですが・・・

290kpaなんて記載されていません。(調べ方が悪い?)

多分、JATMA規格ではなくヨ-ロッパ規格?、

それでもリヤの負荷対応は380kg…位!

まぁ車両メ-カ-さんの指定する推奨空気圧は、基準ではあるものの・・・

ど~なんですかね~~~(・・?

仮に真夏の高速道路を〇〇〇kmで巡行したとして、タイヤ内部の温度が100℃上昇したとしたら、空気圧は385kpa・・・ですよ。

どうもPL法の施行以来・・・・おかしな数値が目につきますね~~(>_<)

否定はしませんが、納得できないタイヤインフォメ-ションラベルのお話でした(+o+)

投稿者 reira : 10:58

春うらら・・・(^-^)

昨日は平成22年2月22日、ニャンコの日でしたね~~^^

ニャンコの日とは関係ありませんが、3週間ぶりのお休み(^_^)/

お天気も良く、気温も4月上旬並み!

こりゃやっぱり海に行くしかありませんよね!!

どこに行こうか迷ったあげく、実に15年ぶりに志賀島に行ってきました(^。^)

志賀島をぐるりと一周したのは初めてでしたが、綺麗な海が広がる美しい島ですね~。

釣りの方はウンともスンともでしたが・・・・^^;

綺麗な砂浜を歩き、防波堤から遥か水平線を望み、、

ふと時計を見ると2時22分。。

平成22年2月22日午後2時22分~~~ス-パ-ぞろ目(^-^)

なんだか凄くラッキ-な気分でしたね~~

海の色はもう春色です、。額ににじむ汗が心地よい・・・春うらら(^'^)

ビギン・・・・・防波堤で見た景色 (^^♪
http://www.youtube.com/watch?v=4JmM0OMJbdM

投稿者 reira : 07:04

乗って、眺めて (^。^)

バイクの楽しみって乗ることは勿論、眺めて、いじって・・・(^。^)

ちょっとしたメンテナンスを自分自身でやることも大人の楽しみの一つですよね~!

オ-ナ-さんもツ-ルBOXを買い込んで、工具も少しずつ揃えられているそうです。

工具って魔モノですから、、ハマると大変(~_~;)

ツ-ルBOXは大人のオモチャ箱?、、つか宝の箱ですね!

ただし、迷宮の扉をこじ開けないように・・・ご注意を(^_^)/

投稿者 reira : 06:29 | コメント (2)

2010年02月21日

BMW/S6RR (・・?

BMWのミドルス-パ-スポ-ツS6RR!

排気量は3気筒675ccの様です。

それにしてもBMWのサスペンションシステムって独特ですよね~~。

サックストラックと言い、独特の哲学?があるようです。

S6RRのフロント片持ちスイングア-ムはビモ-タのハブステア-とはちょっと違うようですねぇ。

ステアシャフトはステアリングヘッドを介している??

かなりフロントヘビ-な感じに見えますが、、どげなっととやろか?

一般的なテレスコピックとまったく違った世界なんでしょうね、興味津津(@_@)

投稿者 reira : 08:27

ウチナ-専用冷蔵庫 ^^;

でっけ~~オリオンビ-ルと思いきや・・・・

これ、冷蔵庫なんですね~^^

関西のご家庭に必ずタコ焼き器があるように、ウチナ-さん宅には必ずオリオンビ-ル専用の冷蔵庫があるんです!!

・・・・・・(~_~;)

な、訳ありませんよねぇ・・・・。

投稿者 reira : 07:59

2010年02月20日

スプロケットハブダンパ- (^_^)/

スプロケットのハブダンパ-ゴムってとっても大切なんですよ!

加減速時に掛かるホイ-ルハブ、スプロケットのスタッドボルト、チェ-ン、トランスミッション等への衝撃を緩和する役割を担っています(^_^)/

一昔前のレ-サ-はアクセリングのダイレクト感を重要視していたのでスプロケットハブダンパ-は無く、ホイ-ルハブにダイレクトにスプロケットが取り付けてありました。

なので・・・・

スタッドボルトの破断、ドライブアクスルを咥えているベアリングの破損も頻繁に起こってました(>_<)

90年頃からマルケジ-ニのレ-シングホイ-ルにダンパ-ゴムが初めて装備されました。

以来、レ-ス車両にもハブダンパ-を装備するのが当たり前になりました^^

当時は出来るだけダイレクト感を損なわないようにリングタイプのモノが採用されていましたが、現在では硬質ウレタンゴムを使ったスクエア-タイプが主流になっています。

ところで、一般の車両のハブダンパ-には硬質の合成ゴムが使われていますが、ウレタンゴムと比較し弾性が失われるのも早く、さらに縮んでしまうのでハブ内部にしっかりフィットしなくなるのも早いんです。

そうなると、衝撃吸収どころかスプロケットハブとホイ-ルハブにガタが発生し、衝撃を大きくしてしまいます。

駆動伝達系にダメ-ジを与えないためにも、更にスム-ズなアクセリングを維持するためにも、定期的にダンパ-ゴムの交換をする必要があります(^_^)/

外からは見えないダンパ-ゴムですが、一生懸命に働いているんですね~~!

縁の下の力持ち・・・なんです(^'^)

投稿者 reira : 12:40

兄弟船 (^。^)

偶然にも一緒になったZX-14さんとZZR1400さん^^

カラ-リングの志向やマフラ-等、多少の違いはありますが・・・兄弟?

つか、親はどちらも川崎重工だし双子ですよね~~(^'^)

それにしても、どちらも怖い顔と恐ろしい顔・・・してますよねぇ(~_~;)

兄弟合わせて恐怖顔・・・・^^;

夜の街に響く重低音なノイズ、、カワサキってミッドナイトな感じがお似合いですね。

投稿者 reira : 07:14

2010年02月19日

PCは復旧しましたが・・・・(+o+)

何とか、ハ-ドディスクからデ-タ-を取り出していただいて、NewPCに移して頂いたものの・・・・

PCの扱いに七転八倒\(゜ロ\)(/ロ゜)/

な、なんちゅうか、、、自分のスキルの無さが情けないやら、悲しいやら・・。

まぁ、それでも何とか必要最低限の操作はなんとか・・・なった????の・・・??

明日から普通に更新ができそうです^^

にしても、PCの進化って凄いんですね~~~~!!

取りあえず、こんなん、、オマケにもらったし、、(^_^)/

後は勉強―!! ですね(・へ・)

投稿者 reira : 17:29 | コメント (2)

とりあえず・・・・

緊急用として、コンパクトノ-トPCをお借りしてますが・・・

キ-ボ-ドもちっちぇ~~~~~~し・・・

画面も小さくてメガネ無しでは字も読めません。。。。

昨日、最新のPCを購入したので・・・・(涙)

後はハ-ドディスクからの救出待ちです。

しかし、最新のPCをちょっと触ってみましたが、なんか・・すんごいね~~(汗)

投稿者 reira : 06:40

2010年02月18日

しだれ梅は咲いたけど・・・・

いやぁ~~~~参りました(涙)

パソコンが・・・・・ぶっ飛んじゃいました。。。

只今ハ-ドディスクからデ-タ-を救出中。

暫く更新出来ないかも知れません・・・・

投稿者 reira : 11:25

2010年02月17日

大切なバイク (~o~)

足回りのボルト、ナット類の締め付けトルクも適正な値で組み上げました^^

NGなボルトは交換、メス側のねじ山も修正完了(^^)/

CBさんもストレスから解放されたと思います。

タイヤは穏やかで優しい性格のBT021を選択させて頂きました。

これからも穏やかに光と風の散歩道をCBさんと共に・・・・

ゆっくりと過ごしてくださいね(^^)/~~

投稿者 reira : 10:01

2010年02月16日

フロントショックアブソ-バ-のメンテナンス(^^)/

ZZR1400のフロントショックアブソ-バ-のO/Hを賜りましたが・・・

メンテナンスと言った方が良いかもしれません^^

フロントショクアブソ-バ-を分解し、インナ-カ-トリッヂの洗浄とチェック。

サスペンションフル-ドの交換、シ-ル類、Oリング、スナップリング、ワッシャ-等を交換し、油面の調整等々。

フロントフォ-クのフル-ドはリアショックアブソ-バ-内のフル-ドと環境が違うので劣化は早いんですよ・・。

リアの場合、窒素ガス100%を封入、加圧しているのである程度キャビテ-ションは抑えられています。

又、エアレ-ション時に酸素や水蒸気が混ざりこまないので、フル-ドの酸化を抑える効果もありますが・・・

一般的なフロントショックアブソ-バ-は加圧もされていませんし、エア-室内は空気ですから、フル-ドに酸素や水蒸気も混ざりこんでしまうので酸化は早く、さらに熱によるキャビテ-ションによって減衰力は著しく低下してしまいます。

最近のレ-スフィ-ルドではフロントショックンアブソ-バ-も窒素ガスで高圧加圧された物が使用されていますね~(^^)

かなり・・・高価ですけど・・・(~_~;)

ウチでは、出来るだけ消泡性に優れたフル-ドを使用しています。これはキャビテ-ションを押さえる効果があります。

又、インナ-チュ-ブにちょっとした工夫を施して組み立てます。

お客様のお話を伺い、油面もそれに合わせて設定^^

どんなフル-ドを使って、如何な作業をしているのかは・・・ヒ・ミ・ツ(^^)/~~

ショックアブソ-バ-に関しては又何時か、マニアックに書いてみたいと思います~!

投稿者 reira : 10:09 | コメント (4)

HYOD2010スプリング&サマ-予約開始(^^)/

毎度の事ですがHYODさんの春、夏物の予約受付の開始です。

しかし・・・相変わらず早か~~^^;

ジャケット関係は例年のモディファイって感じですね。

脅威の衝撃吸収材d3oのプロテクタ-がメインになっているので、フィット感は上がっているようです^^

それから新素材、新裁断方法を取り入れたと言うサマ-グロ-ブは凄くフィット感が高く、柔らかい!

これはお勧めです!

しかし、何と言ってもスマ-トレザ-バンツ!!

これ、現物を始めてみましたが半光沢のレザ-の質感がなんともヨカです(^^)/

柔らかなレザ-と立体裁断によるカットはオシャレですね~~。

バイク用って感じではありません。

大人って感じのレザ-パンツは街中で身に着けていても全く違和感は無いですね^^

勿論、オプションでプロテクタ-の装着も可。

洗濯が出来る上、染め直しもできる。しかも撥水性は失われないとか!

こりゃ大人なライダ-さんに一押し!

ご予約、お待ち申し上げておりますm(__)m

投稿者 reira : 06:56

2010年02月15日

言いたかないけど・・・(>_<)

他のショップさんの事はとやかく言いたくはありませんが・・・

でも、酷過ぎますよ(>_<)

最近、某メ-カ-さんの看板を担いだ大手のショップさんとか、ここら辺では老舗の大手のショップさんとか・・・名の通ったお店ばかり、、

そこでメンテをされているお客様の車両を触らせて頂いて、もうビックリするやら、呆れるやら・・。

先ずは基本的なボルト/ナットの締め付けトルクがデタラメです!

脱落や緩みと言った懸念からかも知れませんが、なんちゅうトルクで締めてるのって感じ(>_<)

チタンボルトの件と言い、今回のフロントフォ-クのすり割りの締め付けと言い・・・・

このM8のボルト、全く緩まないので締め付けトルクを計ってみたら12kg!

ボルトだけでなく、本体パ-ツも壊れちゃいますよ(・_・;)

若く経験のない店員さん達がやった仕事の様ですが、指導不足!

つか、トルクレンチを使用するように指導するのが当たり前です。

お客様の大切なバイクをお預かりして触るのですから、ちゃんとしないと。。ホント。

他にも沢山、いい加減な作業の痕を目にします。

素人ですかって言いたくなりますネェ・・・・残念~~~(-_-;)

投稿者 reira : 08:21 | コメント (3)

一台去って、又一台・・・^^;

雨ですね~~~(>_<)

雨が降ると、こんなんですよ。

今時期に集中する足回りのメンテナンス、山盛りです。

こうやって見ると・・・やっぱり店、、、、狭っ!

私の了見は狭くないんですけどね~~~~(~_~;)

捌ききれずに、店休日の今日も出勤です。

ありがたいことですね~~m(__)m

しかし・・・今週も釣り行けん。

投稿者 reira : 07:44

ZZR1100、20万キロ達成~~(^^)/~~~

脅威のお宿、探検隊長さんのZZR1100、遂に20万キロ達成です~~^^

メ-タ-は210304km!!

いやはや、kawasakiもやるもんですね(^_^)/

エンジンに関しては10万キロの時に腰上のO/Hをしたものの、車体を含めて後はメンテナンスのみですよ。

20万キロを超えたら殿堂入りして、BMに乗り換えると仰ってましたが・・・・

こうなったら、何処まで行けるのか、行くだけ行く!!

そうです・・・。

タイヤも随分お買い上げ頂きましたm(__)m

何か、記念品を考えておきますね~~~~(^^)/

投稿者 reira : 07:01

2010年02月14日

だからホイ-ルバランス・・・・(~_~;)

某ショップでタイヤ交換をされた後・・・お尻の痺れるような振動が・・・(>_<)

で、タイヤ交換をしたショップさんに、ホイ-ルバランスではないかと尋ねたら、、

>空気圧が低いんでしょ-ね-・・・・

って(~_~;)

当然、振動が収まる筈もなく、お越しになりました。

バランスはとらなくても大丈夫って言われたそうですが、。

アンバランス計測はしなければ成りません!

で、、、、

アンバランス測定をしたところ・・・・(・_・;)

あまりにアンバランスが出ているので、タイヤの位相もやり直し。。

振動はピッタリと収まりました(^^)/

まぁ、そりゃそうだって話しですが・・・、タイヤ交換の際には確りとアンバランス測定を行いましょう^^

投稿者 reira : 10:30

次期F1タイヤメ-カ-は?

ブリヂストンが撤退表明をしたF1タイヤ。

次期サプライヤ-が色々と噂に上がっていますが・・・

どうも、有力なのはアジアンタイヤメ-カ-の様ですネェ。。

中でも具体的にメ-カ-名が囁かれているのが韓国のKUMHO。

花の香りがするタイヤなんて発売してますが・・・・(~_~;)

つか、元々タイヤの製造に使われているのは芳香族系の植物油、アロマオイルですから、まぁ良い香りのするタイヤを作るって事も出来るのでしょうが、、意味あるのかな~~~(・・?

会社の経営状態も色々と厳しいようですが、、やれるのかF1!!

KUMHOのレ-スクィ-ンは良い線、行ってるんですけどね~~~~(^_^)

投稿者 reira : 07:09

バレンタインデ- (^^)

今日はバレンタインデ-ですね^^

ウチの長男坊も昨日、チョコを貰ったらしく・・・ニヤニヤと(~_~;)

義理チョコじゃなかったらイイのにね~~~^^

投稿者 reira : 06:54

2010年02月13日

ミシュランからPOWERピュア新登場 (^^)/

ミシュランのパイロットシリ-ズ・ストリ-トバ-ジョンの最高峰モデルとしてパワ-ピュアが新登場!

同社のライトタイヤテクノロジ-及びテュアルコンパウンドテクノロジ-を採用した、ハイスポ-ツラジアルタイヤです(^^)/

ミシュランモ-タ-サイクルタイヤのフラッグシップモデルと位置づけされた、パワ-ピュア!

只今、ご予約の受付中です(^^)/~~

投稿者 reira : 10:23

ブリヂストンBT-023入荷 (^_^)/

ご予約のお客様、お待たせいたしました^^

ハイパ-ツ-リングBT-023&GTスペックが入荷いたしました~~(^^)/

投稿者 reira : 07:36

2010年02月12日

高精度エア-ゲ-ジ (^^)/

タイヤのパフォ-マンス、ライフも左右してしまう空気圧!

不適正な空気圧はタイヤの偏摩耗の原因の一つでもあります。

空気圧管理は正確さを要求されます(^^)/

ブリジストンレ-シングからリリ-スされているレ-シングエア-ゲ-ジは高精度を誇っています。

更に、分解式で誤差の補正も可能ですよ~^^

メ-カ-希望小売価格は¥13650ですが、現在¥10920でご提供中です。

たかがエア-ゲ-ジと侮るなかれ!エア-ゲ-ジは精密圧力計測機器ですから~~(p_-)

投稿者 reira : 09:58

サイドカ- (~_~;)

その昔は日本でも、こんなサイドカ-が沢山走ってましたね~~^^

カブの横にリヤカ-を取り付けた畳屋さんのバイクとか(^_^)

そう言えば、リヤカ-を横につけたのでサイドカ-。

バイクの事を単車って呼ぶのは側車が付いていないって事で単車って呼ぶのですよ(^^)/

知ってましたか~~^^

投稿者 reira : 07:35

骨折~~^^;

と言ってもタイヤビ-トの事ですが・・・・(~_~;)

タイヤのビ-トは金属製なので、タイヤの脱着作業時にタイヤレバ-で無理やりコネたり、タイヤチェンジャ-で力任せに脱着すると。。。

ビ-トが折れちゃいます(>_<)

こうなるとビ-トシ-ティングが適正に行かない上に、ホイ-ルフランジにも確りと圧着できません。

スロ-パンクチャ-や振動の原因になるわけです。

ビ-トはタイヤの基礎みたいなものですから、適正に組み込まなくてはなりません。

チェンジャ-を使えば良いとか、手組みはダメだとか言う問題ではなく、作業者の知識と技術の問題です。

タイヤを組み込む時にミシミシとタイヤが泣くなんて論外です。

カ-カスのコ-ドがダメ-ジを受けて・・・痛い痛いって泣いているんですから・・・(~_~;)

この状態のタイヤは新品であっても廃棄処分ですねぇ・・・残念~~。

投稿者 reira : 06:58

2010年02月11日

何時もの朝トレコ-ス。

霧が立ち込める、木漏れ日の小路を走りながら、何時もとは違って見える景色。

切ないニュ-スを思い出し、心がすさむ。

同じようにこの世に生まれ、命を授かり、それぞれに生きている。

しかし、命の営みは皆が同じではない。

運命なんてあるのだろうか・・・。

毎朝、走り抜ける道の途中、毎日の様に母子に出会う。

お母さんと一緒にたたずむ女の子はダウン症。

年のころは17歳位だろうか。

我が家の長女と同じ年頃。

障害者施設、と言っても木工製品などを製作し販売している施設の送迎バスを待っている。

雨の日も、風の日も、そして夏の酷暑の中でも2人はバスを待っている。

寒い日は母親が、女の子の襟元のマフラ-をそっと整える。

ニッコリと母を見つめる女の子。

雨の日は、そっと女の事に傘を傾ける。

肩の濡れている母を気遣いながら、しっかり寄り添う女の子。

夏の熱い日に、母から入れてもらった冷たいお茶の入った水筒を肩から掛けて・・・

大切そうに抱きながらニコニコと母を見つめている。

何時も、有難う・・・そう言っているように私には見えた。

この、親子にとっては何気ない穏やかな日々なのかも知れない。

今日も雨の中、その親子はやっぱりバスを待っていた。

何時も、何時も眺めていた、母子に今日は声を掛けた。

おはようございます!今日は少し暖かいですね(^_^)

お母さんは、一瞬、驚いた様子でしたが、女の子は明るくおはようございますって笑顔をくれた。

お母さんも、女の子につられる様におはようございますって返してくれた。

もっと早く、声を掛ければよかった。

毎日、毎日、時間は止まらない。

時は本人の意思とは裏腹に過ぎてゆく。

過ぎ行く時間をゆっくり感じた、親子との挨拶。

何気ない、穏やかな時間、それぞれに感じているのでしょう。

智に働いて、情に感じ、触れ合う事は素晴らしい、命輝く時に差はあれど、輝く光に差などない。

家族とは、親子とは・・・そして命とは・・・

上手くは表現できないけれど、母と子の姿に何かを教えられたような、そんな気がした朝でした。

Home・・・・ホ-ムは場所ではなく、大切な人の心の中にあるのだと思う。
http://www.youtube.com/watch?v=7VWKkXzLuIs&feature=related

投稿者 reira : 10:39

チタン合金ボルト (^^)/

一昔前は、チタン合金製ボルト、ナットなんて、高嶺の花でしたが・・・

最近は安価なものも出回っているようです^^

チタン合金はスチ-ル製に比べ重量は約1/2と軽量の上、高強度!

チュ-ニングパ-ツと言っても良いかもしれませんね(^^)

しかし、気をつけなければ成らないのは同じチタンボルトでも使用目的の違いによって特性の違ったものがあるということです。

建築規格や工業規格のチタンボルトは合金ではなく、焼結チタンで出来ています。

自工規格に基づいたチタン合金ボルトとは材質、製造方法共に異なります。

若干、焼結チタンの方が軽量ですが、破断強度、耐腐食性、耐熱性は自工規格の方がはるかに上なのですね~~(^^)/

因みに、自動車やバイクに使用されているのはTi-6Al-4Vを素材とし、ねじ山は転造という加工法で製造されています。

精度も高く、引っ張り強度も高い。

だから・・・・扱いにもそれなりの注意が必要です。

チタン製のキャリパ-ボルト等をオ-バ-トルクで締めこんだりすると、アルミ製のホルダ-側のねじ山が損傷を受けてしまいます。

損傷を受けたねじ山に何度も脱着を繰り返していると、、ねじ山は完全に破損してしまいます。

チタンボルトは勿論、通常のボルトでも組み付け時にはスレッドコンパウンドなどを塗布し、ねじ山の馴染み、かじりの防止、腐食の防止を図り、適正なトルクで締め付ける必要があります。

手ルクに自信のない方はやはりトルクレンチを使った方が良いですね・・・^^;

お客様の、トラブルもいわゆるカジリでした・・・・(~_~;)

超硬のタップ&ダイスで修正できる範囲でしたので、再使用は可(^_^)/

見た目も美しく高強度のチタン合金ですが、取り扱いにはご注意を!

投稿者 reira : 07:37

2010年02月10日

ボルゼン・キャリパ-ボルト (^^)/

軽量・高精度を誇るボルゼンのSUS製キャップボルト!

BMWのフロントブレ-キキャリパ-用のご案内です(^^)/

1100用、1台分(4本)で税込み¥3568!

1150~1300用、1台分(4本)で税込み¥3148!!

ワイヤ-ロック用の穴加工、面取りも施された中空ボルトです^^

キラッと輝くプチカスタムに如何ですか~~~(^^)/~

投稿者 reira : 13:15

タイヤサイズの見方・・・その2(p_-)

タイヤに表記してある情報とは違って、各メ-カ-さんのタイヤカタログには詳細な諸元が記載されています^^

適合するリム幅、外径、タイヤの総幅、トレッド幅等々。

この諸元表をじっくり見てみると同じサイズ表記のタイヤでも、カテゴリ-などによってそれぞれ実寸が異なっている事が分かります(^^)/

特に外径やトレッド幅には大きな差がありますね。

これは展開幅及び、プロファイルの差と言っても良いでしょう、タイヤはそれぞれの目的に合った寸法、形状を与えられているのです。

ところで、扁平率って何でしょうか?

タイヤで言う扁平率とはタイヤの幅に対するタイヤの高さの比率を100倍したものです。

つまり、サイドウォ-ルの高さを表したものですね。

この扁平率は通常メトリック表示で%をもって表します。

タイヤの幅をタイヤの高さで割ったものに100を掛けたもの。

タイヤの高さとはタイヤの外径からリムの外径を差し引いた数値の1/2。

図面で見ると、赤い矢印のところがタイヤの高さになります。

つまり、扁平率は同じタイヤでもプロファイルや展開幅の違いによって実寸は異なると言う事です。

この扁平率、つまりサイドウォ-ルのボリュ-ムはタイヤのコントロ-ル性を決定付ける重要な要素でもあるんですね~~(^^)

MotoGPなどで採用されている16インチや16,5インチのホイ-ルはこの辺の理由から来ているのですよ^^

たかが扁平率、されど扁平率。

ところでインチ表示のタイヤには扁平率の表記が無いものが殆どですが。。。

これは扁平していないと言う事です。

つまりタイヤ幅に対してサイドウォ-ルの高さの比率は100%って言う事です(^_^)

一度、じっくりタイヤカタログを見てみると、色んな発見があるかもですよ。

投稿者 reira : 10:37

雨ニモマケズ・・・・(~_~;)

部品の入荷予定や週間天気予報を見つつ、お客様と作業日程を打ち合わせ、、

車両をお預かりする日程を決めています(^^)

しかし・・・

天気が狂ってしまうとお預かりと引取りの波が止まり・・・・滞留(~_~;)

その上、部品屋さんが、パ-ツの手配ミスをしてくれた日にゃ~~~~(T_T)/

狭い店ですからねぇ、何とか詰め込めても雨が降った日にゃ~~~~(>_<)

折角、休日出勤してつじつまを合わせていたのに・・・・全て台無し・・・(__)

押して押して押しまくり・・・・

釣りの予定も・・・・台無しです・・・・^^;

頼みますよ・・・部品屋さん。。

投稿者 reira : 06:40 | コメント (4)

2010年02月09日

CBR1000RRお初です(^^)/

CBR1000RR!ウルトラコンパクトですね~^^

たまたまYZF・R-1のお客さん来られてましたが、R-1がデッかく見えてしまいます。

オ-ナ-様は時々、SPAの走行会に参加されているとか(^^)/

このマシンを手にすれば、そりゃサ-キットを走りたくなるのが人情と言うものです。

しかし・・・・

どうも、上手く走れないと、考え中のご様子。

上手く走れる、走れないの基準はラップタイムの様ですが、気持ちよく走れればそれが一番だと思います!

無事これ名馬なり(^^)

大人の遊びは安全第一ですからね~~~。

ご安全に(^^)/~~

投稿者 reira : 10:13

桜島に夢の架け橋・・・?

随分昔から話が出ている薩摩半島と大隈半島のトンネルor橋梁の話ですが、、

今でも検討はされているようです。

しかし、莫大な予算・・・

費用対効果を考えると、実現は難しそうです。

鴨池~桜島連絡橋は現実味のある話ですが、現在の両町を繋ぐ桜島フェリ-が充分機能している上に観光資源の一つにもなっていますから、如何なのでしょう?

錦港湾に掛かる巨大な橋を見て見たい気もしますが、いまの風情も捨てがたい。

鹿児島県民の間でも、意見は二分しているようです。

投稿者 reira : 07:02

2010年02月08日

タイヤサイズの見方・・・・(p_-)

タイヤサイズの見方だなんて、今更なのですが・・・(~_~;)

一般のユ-ザ-さんならまだしも、業界人と会話していてかみ合わない事が良くあります。

ある時、あるタイヤディ-ラ-の方が、タイヤのマ-ケットリサ-チ中に“タイヤの幅”を計ってみたと言う話を聞きました。

いや~各メ-カ-さんのタイヤって表記のタイヤ幅と全然違っているんですね~~。

なんて・・・^^;

えっ?どうやって計測したのですかって聞いたら、スケ-ルで計ったとか。

多分、その方が言っているのはタイヤのトレッド幅の事ですネェ。

意外とバイクショップの方でも、タイヤディ-ラ-の方もタイヤの諸元の見方をご存じないようです・・・(__)

タイヤの断面図をよぉ~~~く見てください。

タイヤの総幅と言うのは適正なリムに組み立てられたタイヤ断面のサイドウォ-ル部のもっとも広い部所の幅なんです。

但し、サイドウォ-ルの文字、数字の刻印の厚みは除きます。

だから、ココの寸法を知るには特殊なゲ-ジを使うか、断面図にスケ-ルを当てて計測するしかありません。

例えばタイヤに表記してある190/55ZR17の190とはタイヤの総幅であってトレッド幅ではありません。

タイヤサイズの表記は自動車タイヤの規格から来ているのです。

例えばF1のタイヤを見てみると分かり易いと思いますが、タイヤの幅が一番大きいところはサイドウォ-ルですよね^^

乗用車のタイヤもほとんどそうです。トレッド幅よりサイドウォ-ルの幅の方が広いんです。

昔のオ-トバイタイヤや自転車のタイヤもそうでしたね(~o~)

しかし、現在のモ-タ-サイクルタイヤの場合、タイヤに表記してあるタイヤ幅より、トレッド幅の方が広いんですね~~(^^)/

で、こんがらがってしまっているのかも知れません。

又、タイヤ幅は実際の寸法を四捨五入して表記しても良いことになっているので、同じメ-カ-のタイヤでもカテゴリ-によって表記のサイズより大きかったり、小さかったりするのです(^_^;)

タイヤってトレッド幅の表記は無いんです、またMCタイヤの様にラジアス状のトレッドを持つタイヤには展開幅と言うのもあるのですが、これも表記はありません。

後は扁平率、これも勘違いしている人が多いですよ~~~、詳しくは又、次回(^^)/~~~

投稿者 reira : 08:25 | コメント (2)

間違い探し・・・・・^^;

物凄く単純なポカですねぇ・・・・(~_~;)

作業にポカの無いように作業管理表でチェックしつつ仕事してますが・・・

反省。

投稿者 reira : 08:04 | コメント (2)

怖いですね~恐ろしいですね~(~_~;)

空気のお話・・・・思いの他、反響が大きい様ですネェ。。

タイヤディラ-のアドバイザ-さんからメ-ルを頂いたり・・

メ-カ-のエンジニアさんから電話を頂いたり・・

昨日は高圧ガス関連のエンジニアさんから計算ミスの指摘を頂いたり・・

更に・・

某国立大学の工学部の助教授?さんから、やはり計算上の問題点の指摘を受けました(~_~;)

何でも空気へのアプロ-チが面白かったらしく、私の記事の裏付けを取られたとか・・・(*_*;

おおまか、間違いはないとの事ですが、空気と窒素ガスの重さの計算で圧力の定数が抜けているとの事で、従って答えの精度が低いらしい・・・

その他の補足資料も準備しておられて、、、。

頂けるそうですm(__)m

そう言えば、高圧ガス関連のエンジニアの方もそこを指摘してました・・・^^;

怖いですね~~~恐ろしいですね~~~~ははっ

でもね、めげずに・・・又・・・・書きますよ・・・・タイヤの話し(^^)/

投稿者 reira : 07:37

2010年02月07日

似合わない人・・・・^^;

やっぱ、彼にはサンダ-キャット様が一番似合ってますね・・・

あのピンクのサンダ-キャットが(~_~;)

今頃、ご機嫌ななめの雷猫ちゃんと、遊んでいるのでしょうね^^

投稿者 reira : 10:24 | コメント (2)

BMW HP2 (~o~)

やっぱりカッコいいですね~~(^^)/

軽いし、スタイルいい-し・・・・

既に生産終了しているモデルですが、一時はプレミアがついて一千万円の値が付いたとか(・_・;)

フラットツインマニアとしては、その気持はわかります、気持だけですけど・・

それにしても、フラットツインにココまで拘ったBMWって素敵ですよね~~~(^^)

何時かはオ-ナ-になって見たい、そんな憧れのバイクです^^

投稿者 reira : 10:03

2010年02月06日

ブリヂストンからBT-023新登場!

ブリヂストンからハイパ-ツ-リングタイヤBT-023&BT-023GTスペックが新登場!

ナチュラルなハンドリングに加え、静寂性、耐久性ともに徹底的に追求したス-パ-コンフォ-トなタイヤの登場です(^^)/

今回は私も久々にこのタイヤの誕生に関わりを持たせていただきました^^

このタイヤの開発に対するブリヂストンの並々ならぬ想いが公式サイトからも伝わってきますね!

ブリヂストンのBT-023スペシャルサイトはコチラ↓
http://mc.bridgestone.co.jp/jp/products/battlax/bt023/index.html

特にGTスペックはBMW専用といっても過言ではない程に造りこまれています。BMWのオ-ナ-なら誰も感じた事のある、極低速域でのアンバランス感、タイヤノイズの共鳴音までも解消しています。

ブリヂストンの公式サイトのGTスペックの推奨車種を見て・・・ニヤリとしてしまいますねぇ(謎)

まるで、最先端のレ-シングタイヤを開発するように、ツ-リング、クル-ジングに求められる要件に置き換え徹底的にそのパフォ-マンスを追及した新世代のタイヤです。

レイラスポ-ツの過去の関連記事はコチラ↓
http://blog1.reira-sports.com/2009/12/post_1419.html

2月15日より正式発売です!只今、ご予約を受付中です(^^)/

ご予約のお客様には、ブリヂストンのロゴ入りマグカップをもれなくプレゼント中!

BT-023&BT-023GTの車種別の最適なエア-テンションも既に検証済みです。

目から鱗の新世代ハイパ-ツ-リングタイヤのパフォ-マンスを是非、体感してみてください(^^)/~~

投稿者 reira : 06:44 | コメント (6)

2010年02月05日

梅も五分咲きですね~~(~o~)

平和記念公園の梅も五分咲きです^^

まだまだ風は冷たく、あっちもこっちも縮みあがってますが・・・(~_~;)

目に移る森の彩は、なんだかホッカリ^^

来週には満開を迎えそうですね!

投稿者 reira : 07:20

2010年02月04日

空気のお話・・・番外編その2

いやぁ~ビックリしました(~_~;)

某大手タイヤメ-カ-のタイヤアドバイザ-(4輪タイヤ)と名乗る方からメ-ルを頂きました。

内容は[窒素ガスの膨張について、窒素ガスN2は膨張しないのではなく、空気と比較し熱を持ちにくいので結果として膨張しにくい、また不活性ガスなので酸化の抑制にも貢献する・・・更に水分を含む空気は圧力による水分の液化が起こる上、水分の膨張率は大きい]・・・等々。

その他、物質の透過率にも触れ、2400時間で40%の差が出ることを実証しているとの事でした。

まぁ~~そんな大手のアドバイザ-の方が見ておられるとは・・・・(~_~;)

恐れながら反論させていただきますm(__)m

膨張率の件に関しましては熱伝導率の事を仰っていると思いますが・・・・

熱伝導率・・・・酸素26.5/窒素25,76/空気(窒素4:酸素1)25.756

窒素ガスと空気の熱伝導率に差は無いと言っても良いでしょう。

又、窒素ガスが不活性ガスとされているのは2004年までだと記憶しております。

現在、窒素ガスが不活性ガスに分別しきれない理由は以下の通りです。

2004年、窒素を1700度、110万気圧で圧縮することにより、窒素原子が3本の腕で蜂の巣状のネットワーク「ポリ窒素(Polynitrogen)」を作ることが判明した。このポリ窒素は、核兵器を除いた最強の爆薬に比べても5倍以上のエネルギーを有すると考えられている。[窒素爆弾]

ホイ-ルの酸化防止効果については前にも書いたので省きます・・・^^;

空気中の水分は水ではなく水蒸気(気体)なので、熱膨脹率に違いはありません。圧力によっての水蒸気の液化は600kpa以下で使用されるタイヤには起こりません。

透過率については、、100日で40%の差と言う事は何と空気は70%も抜けてしまう(・・?

空気(窒素4:1酸素)で計算して見ると・・・答えが合いません(__)

差は20%以内の筈ですよ、、多分、。

因みに窒素ガス100%でも2400時間で30%程度抜けると言う事も付け加えておきます。

以上が私の意見です(^^)/

※大手タイヤメ-カ-さんとは画像のメ-カ-さんではありませんよ。

投稿者 reira : 14:21 | コメント (2)

ドライブチェ-ン (^^)/

昨日、お客様のドライブチェ-ンの交換の際、、、、

KTC製のチェ-ンカッタ-が破損してしまいました(>_<)

開業してから3回目の破損なんですねぇ。

全部、同じ型のチェ-ンカッタ-なのですが、不思議な事に丁度7年半で壊れます。

これが、この工具の耐用年数と言うことなのでしょうか?

しかし・・・・あまりにもピッタリ過ぎますよねぇ(~_~;)

作業はレジナ製の工具を使用して無事に終了しましたが・・・・

レジナ製って微妙に使いにくいって言うか・・・・面倒臭いんですよ・・^^;

またチェ-ンカッタ-を買わなきゃですよ、でも又7年と半年先に壊れるかな??

つか、それまで店が・・・・(^_^;)

投稿者 reira : 10:58

2010年02月03日

空気のお話・・・最終回 (^^)/

タイヤの空気圧には冷間空気圧と温間空気圧がありますが・・・

一般のユ-ザ-さんに取っては温間空気圧って何?って感じですよネェ。

温間空気圧とは冷間時にタイヤに充填した空気が走行による摩擦熱によりタイヤ温度が上昇し、タイヤ内の空気が熱膨張して空気圧が高くなった状態の時の値です(^^)/

ところで・・・

ゴムは多かれ少なかれその性能を発揮する為には温度に依存する傾向があります。

タイヤもゴム主体に構成されているので、温度との関係は切っても切れません!

例えばスタッドレスタイヤは気温0℃前後での使用が前提です、またレ-シングタイヤ等は状況によって100℃まで上昇したタイヤ温度の中で耐えなければ成りません。

それぞれの使用条件と温度に適したゴムが必要とされる訳です。

ゴムも色々と大変な訳ですネェ(^_^;)

ゴムの耐熱温度を例にとって見ると・・・・

天然ゴム(ラテックス)の限界温度は80℃程度、シリコンゴムでは230℃、ブルチゴム等の合成ゴムは140℃といった具合に用途によって特性の違った物が開発されています。

タイヤの場合、殆どがラテックスベ-スで造られています。最近では100%化学合成のゴムで作られたタイヤも登場していますが、何れも限界温度は100℃±程度です。

と、この辺の前知識を頭の中に入れておいて、温間空気圧について考えてみたいと思います。

さて、温間での空気圧の話はサ-キット走行の場で話題になっているようです。

サ-キットの走行では通常の走行と異なりタイヤの温度はかなり上昇します。

それに伴い、タイヤの内圧も上昇します。

サ-キット走行の際は空気圧を低めに設定すると言う理由の一つですね^^

でもって、サ-キット走行の際に、もっとも良いフィ-リング、タイヤのパフォ-マンスがもっとも発揮されると思われる空気圧を探ります。

走行中にタイヤ温度が充分上がった時点で、ライダ-のフィ-リングによって空気圧を上げたり下げたりしてベストと思われる空気圧を探ります。

ベストな空気圧が見つかった所でその時の空気圧を計測し記録しますφ(..)メモメモ

これが温間での空気圧と言う事になります。

本来ならば、内圧センサ-や内部温度モニタ-で計測した値、タイヤのラバ-内の温度計測値などを元にデ-タ-化するのですが、個人レベルでは難しいかも知れませんね。

そして、走行後に充分ク-ルダウン(常温)したタイヤの空気圧を計測し記録します( ..)φメモメモ

この数値が冷間の空気圧と言う事になります(^^)/

しかし・・・・

タイヤメ-カ-の推奨するタイヤの冷間空気圧は上記の様な実走テストを繰り返し行い得たデ-タ-を提供しているものですから、個人的に行う温間の空気圧測定は確認作業的なものになるかも知れません。

気をつけなければ成らないのは温間空気圧の意味を取り違えてしまうことです。

タイヤの温度は走行中も常に変化しており、ブレ-キロ-タ-の温度もホイ-ルを介してタイヤ内の空気に伝わります。又、トレッドの表面温度は走行風によって冷却もされるし、ピットロ-ドをスロ-ダウンして走行すればさらに温度は下がります。

温間時の空気圧測定はかなりの設備と測定者にキャリアが無くては精度の高い数値は得られません、それほど不確定な要素が多いのです。

また、窒素ガスは熱膨張しないと言う怪しい(^_^;)情報から、冷間時から温間の空気圧を充填するのは危険です。

タイヤウォ-マ-を巻いて温めたとしても、タイヤの内部温度を想定値まで上げるにはかなり時間が掛かるし、上げ切れないとも考えられます。

つか、その時に上がるであろう温度を確定できませんから・・・

タイヤウォ-マ-はあくまでもウォ-ムアップのアシストだと考えた方が良いと思いますよ。

さて、ココからがもっとも大切なところです(^_^)/

空気入りタイヤの歴史は100年!!

空気とゴム、そして熱と共に進化してきました。空気と言うものは大変良く出来ていて、100年もの間、空気に変るものは登場していません。

※ム-スやジェルは目的が異なりますので除外。

まぁ窒素ガス100%もちょっとおいといて・・・^^;

最初に書いたとおり、コ゜ムの特性は温度によって変化します。

低温から走行を始めてトレッドゴム、サイドウォ-ルなどが徐々に上昇する温度と共に活性していきます。

タイヤが冷えていて充分なダンピング特性が得られないうちは低空気圧がそれを補い、タイヤの温度がしっかり上昇した時は熱膨脹し、温度と共に上昇した空気がタイヤをしっかり支えます(^^♪

素晴らしい相棒なんですね~~~^^

結局、冷間での空気圧デ-タ-値が基本であり、温間の空気圧はその結果という事でしかありません。

逆に言えば、温間空気圧デ-タから得た結論が冷間空気圧とも言えます(ー_ー)!!

温間空気圧の測定は無駄ではありませんが、温度上昇値の予測は出来ても確定する事が出来ません、不測の要素が多く、それをもってベ-スとするのはベストとは言えないと思います。

走行始めから走行終了までの平均的ベスト空気圧は冷間の空気圧をベ-スとするのが安全かつ信頼しうる値と言う事になりますね(^^)/

まぁ何か難しそうな事をやっているとカッコイイしと思われる向きにはお勧めかもですね・・・・。

投稿者 reira : 10:28 | コメント (4)

暫し想いは秘湯の旅へ(^^)

最近、また寒い日が続いていますねぇ・・・・(>_<)

先日、お客様との会話で・・・・

寒いと肘が痛いとか、膝がね~~~とか、、、

肩がこるとか、腰が痛いとか・・・愚痴っていたら。

温泉!頂いちゃいましたm(__)m

露天湯の旅 (^^)/

良い響きですね~~~~~^^

昨晩、早速”長野の桜湯”を頂きました。

体がホッカホッカに暖まります、カラスの行水なんて言われるほどの早風呂なんですが。。

昨日はゆっくりと浸かりました~。

湯煙を、超えて心は旅の中・・・(^^♪

いい湯だな~~~♪
http://www.youtube.com/watch?v=joUuOB7EhsI

投稿者 reira : 07:15

18年ぶりですかぁ~(^^)/

スパ-ダでご来店のお客様^^

新規のお客様かと思いきや・・・・18年ぶりのご来店でした(^_^;)

流石に最初は思い出せませんでしたが、、よ~~く思い出してみると・・(゜.゜)

おお~~~○○兄弟さん家の~~~~(^O^)/

いやぁ忘れずにご来店頂き、有難うございました。

1988年発売のスパ-ダ、ウチの創業が1987年ですからほぼ同じ年代のバイクですね^^

2ストキラ-なんて呼ばれていた初代VT250から現在のVTR250まで、長い歴史を誇るホンダの250ccV型エンジン。

本当に息の長いモデルです・・・・

何だか、感慨深いですよ(^^)

投稿者 reira : 06:57

2010年02月02日

スロ-パンクチャ- (>_<)

スロ-パンクチャ-とは、普通のパンクとは違い、空気が一気に抜けるのではなく、ジワジワと時間を掛けて抜けてしまうトラブルです(>_<)

原因はバルブの虫ゴムの劣化、ゴム製のチュ-ブレスバルプの座面の劣化、ホイ-ルフランジの腐食や汚れ、そしてキズ等がありますが・・・

厄介なのはタイヤの組み込み時に付いたタイヤビ-トの傷や折れ、そして経年劣化によるゴムの損傷です。

バルブ周りは新品に交換すれば補修できます。

ホイ-ルフランジも修正すれば空気漏れを止める事は可能ですが・・・

タイヤビ-ト部分のトラブルは緊急避難的な応急処置しか出来ません。

エア-漏れ箇所のチェックは石鹸水などを塗布して確認します、最適なのはシャボン玉液(^^)

でも、それでも確認できないほどのスロ-なエア-漏れもあるんです・・。

お客様の場合、ゴム製エア-バルブの劣化とタイヤビ-トの劣化が原因でした。

画像では判りにくいのですが、ビ-ト部が経年劣化により損傷し、エア-バイパスが出来てしまっているようです。

破損した面に特殊なシ-ラ-を塗布しバイパスを遮断し処置。

ゴムの経年劣化は宿命ですから、止むを得ませんねぇ・・・(>_<)

ゴム製のバルブや金属製バルブのシ-ルゴムもゴムですから劣化します。

特に低温時期はゴムの弾性が失われ、又負膨張(縮み)も起こりトラブルが発生しやすいのです。

普段からエア-チェックなどの点検を心がける事が重要と言う事ですね^^

大きなトラブルを未然に防ぐ安全対策ですから~~(^^)/

投稿者 reira : 13:03

ラ-メンって相性があるよね~~(^_^;)

北九州では名の知れたラ-メン店^^

10年以上も前はよ~~~く行っていたのですが、近くの店舗は何故か無くなってしまいました。

で、もって最近復活!!

ホント、すんごい久しぶりに食べに行きました(^^)/

ちょっとあっさりした感じのス-プに細麺が程よく絡み、美味いラ-メンの味は変っていませんでした。

しかし、もう一つ変っていないものがありました・・・・

それは、僕のお腹とラ-メンとの相性・・・

思い起こせば昔から、ココのラ-メンを食べると必ずお腹を壊すんです(>_<)

ラ-メンに問題がある訳ではありませんよ、嫁さんも子供たちも全く平気ですから。

僕一人だけ・・・夜中、何度もトイレに・・・(ToT)/

伝統のラ-メンは味も相性も変っていませんでした・・・(__)

投稿者 reira : 11:00