« 2010年03月 | メイン | 2010年05月 »

2010年04月

2010年04月30日

BRAKING (^_^)/

ブレ-キングのディスクロ-タ-^^

そのまんまな社名ですね~。

BRAKING社のディスクロ-タ-と言えば1995年頃に日本に入ってきた時、テストを依頼されTZ250/125とドカティ916に装着して実戦を交え行いました・・。

懐かしい思い出ですが、、PFCパットとの組み合わせではロ-タ-が熱に負けて反り繰り返ってましたよ(~_~;)

当時、鋳鉄製のブレンボに対してステンレス製のレ-シングロ-タ-を持って対抗していたブレ-キング社でしたが、そう簡単には鋳鉄製を上回ることは出来ませんでした。

それが今ではMCの場合、ステンレス製が主流になりましたね~~。

ステンレスレ-シングロ-タ-のパイオニア、BRAKING社はフレア-ロ-タ-を中心に今では老舗ブレンボとレ-ス界のシェア-を二分するほどまでに上り詰めました(^_^)/

フレア-ロ-タ-はオフロ-ドと言ったイメ-ジが強かったのですが、今ではロ-ドの世界でも定着しましたね。

しかし・・・排泥性を高めるためのフレア-ロ-タ-だと説明を伺った事がありますが・・

最近は放熱性の向上と言っているようですねぇ・・・

まっカッコ良いし、性能も申し分ないのでなんの問題もありませんね(^^♪

投稿者 reira : 10:55 | コメント (2)

川崎重工プレミアムTシャツ プレゼント(^^♪

胸にはモ-タ-サイクルのシルエットをプリント(^^♪

背中部分には陸・海・空の文字をプリントした川崎重工のプレミアムなTシャツです(~_~;)

カワサキの600cc以上に乗られている方でラジアルタイヤ1セットをご購入のお客様!!

一般には手に入ら無いディ~~~プなTシャツを先着1名様にプレゼント!!

ご来店の際に、この記事を見たぞ~~~って一言お願いいたします・・・^^;

投稿者 reira : 06:57

2010年04月29日

タイヤの科学☆-(^ー'*)b

タイヤセンタ-の耐久性とショルダ-のグリップ性能を両立させる方法は何もデュアルコンパウンドやマルチコンパウンドでなければ出来ない・・・

という訳ではありません(^_^)/

ドイツのメッツラ-社はMMW(メッツラ-・マルチ・ワインディング)と呼ばれる技術によってタイヤの剛性分布を任意にコントロ-ルしタイヤセンタ-の耐久性とショルダ-のグリップ性能を両立させています。

メッツラ-社の場合はベルトのコ-ドをバリアブルピッチで巻き上げ、カ-カスは配置角度を変化させ、センタ-は負荷分布を広げ耐久性を向上、ショルダ-は耐サイドフォ-ス剛性を上げることでグリップ力の向上に繋げているのだと思います。「(ーヘー;)

まぁ・・タイヤを切って見た訳でも無いのであくまでも私の想像ですが・・・^^;

この構造を持つレ-ステックは他社の比較テストでも評価は高いようですねぇ。

しかし・・・・

この考え方は特に新しいものではなく、20数年前に既に存在していたのですよ~(ノ*゚▽゚)ノ

横浜ゴムのGETTR/R003と日本初のラジアルレ-シングタイヤR600はほぼ同じコンセプトでタイヤの剛性分布を任意に変化させトラクション性能とグリップ性能の向上を狙っていました。

しかし、現在のような高度な生産技術も無く、マテリアルの選択肢も少なかった為、大まかに言うとベルトのショルダ-部を折り返すと言った手法を取っていました。

タイヤのショルダ-部が丸っこい形状をしていたのはその為なのです。

現在はコ-ドのテ-パ-ライン化やゴムとの相性がNGな繊維でも様々なコ-ティング技術によってベルトやカ-カス材としての使用が可能になると思います。

ポリアミドやアラミド等、高度な重合体のコ-ドも普通に使わる時代ですから。

成型機にしても昔のように半分は人の手で巻き上げるなんて事をしなくても良いのでより正確に効率よく巻き上げピッチもコントロ-ル出来るでしょうから、剥離や偏摩耗のリスクが無いとは言えないデュアルコンパウンドやマルチコンパウンドのテクノロジ-よりもタイヤの剛性分布をコントロ-ルする手法が主流になって行くのかも知れませんね。

更に両方の技術を投入したハイテクタイヤも登場するかも?

因みにミシュランのパワ-ピュアは既にその領域にあるようですね。

現在のMCラジアルの構造はある意味、先祖がえり的な構造になりつつあります。

近々レ-スシ-ンに投入される某社のタイヤもMCラジアルタイヤの創世記に主流だった構造を踏襲しているようです。

ベルテッドバイアス・・・みたいな感じかな?

MCラジアルの創世記には空前のMCブ-ムに後押しされて様々な発想がトライされました・・・

当時のアイディアに再度トライするという事は退化ではなく、マテリアルの進化や製造設備の進化により過去に成しえなかった机上理論が具現化出来るようなった・・・と言う事だと思います(^v^)

車やバイクが空を飛ぶようにならない限り、タイヤは進化し続けるのですね~^^

投稿者 reira : 07:32 | コメント (6)

2010年04月28日

通勤バイクな998 ヾ(~O~;)

流石、イタリアンなお嬢様・・・^^;

半けつ、へそ出し、素足にスニ-カ-でドカティ998でご出勤~~~~

(ノ*゚▽゚)ノ

お国柄って言いますか、なんと言いますか・・・

やっぱりイタリアンライダ-が速いってのは道理ってもんですねぇ(~_~;)

投稿者 reira : 10:38

ヒート‐アップ 【heat up】 ^^;

3年ぶり?にご来店のお客様・・・

以前はXJR1200に乗られていたのに08YZFR-6に乗り換えられてました。

最近は逆のパタ-ンが多いのですけど・・・

どうやらサ-キットの魅力にドップリとハマってしまった様ですねぇ(^_^)/

去年は耐久レ-スデビュ-も果たされたようです。

今はレ-サ-が欲しいなんてかなりヒ-トアップ気味かな(~_~;)

ここはひとつク-ルダウンされて、よく考えられた方が良いかもですよ~

08YZFR-6なら、イベントレ-スに参加するのであれば充分なポテンシャルを持っていると思いまぁ~~す(^_^)/

投稿者 reira : 10:14

2010年04月27日

ブリヂストン・ヤマハ親子バイク教室 開催のお知らせ(^_^)/

昨今の厳しい2輪業界の中、様々のイベントや社会貢献活動が中止や自粛と言った方向の中、なんとか親子バイク教室の存続に向けて模索しておりました。

ヤマハ発動機(株)も経費削減の流れの中、単独での開催は難しい為、関連企業との共催に向けて活動しておりましたが、この度(株)ブリヂストン様とのコラボレ-ション開催が決定いたしました(^_^)/

先ずは、開催は6月12日(土)の一回が決定、以降の開催は随時ご案内して参ります。

※悪天候などによって開催が出来ない場合6月19日(土)延期と成ります。

スク-ルの内容はこれまで通りですが、より多くの親子の皆様にスク-ルを体験して頂きたく初めて親子バイク教室に参加していただけるチビッ子を対象に先着12組様に限り、保険料込みでな・な・なんと1500円!!

スク-ルの内容はファ-ストステップクラスと成ります。

セカンドステップ、キッズバイククラスはこれまで通り1回目の受講は3500円、同日2回以降の受講をご希望の場合は3000円と成っております。

受講料にはしっかりとした保険料も含まれております。

スク-ルは1回50分程度、お父様、お母様方にも参加して頂きます。

バイク(PW50)は勿論、プロテクタ-やヘルメットはこちらで準備しております。

袖、長ズボン、スニ-カ-等、オ-トバイを運転するのに適した服装でお越しください。

一回目~AM10時スタ-ト(初回受講者優先)

二回目~AM11時スタ-ト(初回受講者優先)

三回目~PM1時スタ-ト

四回目~PM2時スタ-ト

五回目~PM3時スタ-ト

六回目~PM4時スタ-ト

一回の定員は6組、全36組の募集となります。お申し込みは先着順で定員になり次第、締め切りとさせていただきます。

お申し込みは北九州カ-トウェイ様、教室の詳しい内容のお問い合わせはレイラスポ-ツまでお願いいたします。

北九州カ-トウェイhttp://www.kitakyushukart.co.jp/

ヤマハ発動機(株)親子バイク教室http://www.yamaha-motor.jp/mc/kids-bike/

沢山のご家族のご参加を心よりお待ちしております(^_^)/

投稿者 reira : 09:18 | コメント (2)

凄い雨ですねぇ・・・・(>_<)

昨日、一昨日はお天気も良くて、暖かかったのに・・・

砂浜に立って竿を振ると汗ばむぐらいでした^^

小鳥も気持ちよさそうにさえずっていましたよ~~(^。^)

目まぐるしく変わる天気・・今年は何か変ですね・・・。

投稿者 reira : 06:37

2010年04月25日

巡る想い・・・^^;

ZZR1400に始まってW650、XL883と巡り巡って・・・・

いよいよ決着の時?

でも、欲しいバイクってひと月程ずっと考えていると・・・

まっいいかぁ~~なんて振り出しに戻るものですが、今回は違うようですねぇ(~_~;)

だからハ~レ~には試乗したらアカンのですよ・・・まつをさん。

ハ~レ~の鼓動の呪縛に掛かってしまうのですよ・・・怖っw( ̄o ̄)w

まぁある意味、上がりのバイクだし、こんなお友達もできるかもかもヽ(^◇^*)/

私もスポ-ツスタ-なら乗ってもいいかなぁ~~なんて思いますよ・・・

投稿者 reira : 11:00 | コメント (6)

天気の良い日はバイクに乗ろう~(^-^*)/

昨日はホント、良い天気でしたね~~~~^^

しかし、このお天気も今日までのようですねぇ・・・

明日からは又、お天気は下り坂のようです・・・(;-_-) =3

ところで・・・・

オ-ナ-さんが行橋市の犀川付近の山道を走行中、なんとキツネを目撃したそうです(ノ゚ο゚)ノ

最初は犬かと思ったそうですが・・・間違いなくキツネだったそうです。

この辺にもまだキツネがいるのですねぇ・・・

九州でのツキノワグマの目撃情報は本当なのかも知れませんばい(゚-゚;)ウーン

投稿者 reira : 06:27

2010年04月24日

ガックン・・・ショック( ̄▽ ̄;)!!ガーン

最近、すっかり漁師になってしまった釣友アンギラスくん・・・。

今日の早朝、私とは真反対の海に釣りに行ってたんだって。。

でもって、ヤズ・・・・釣れまくったそうです・・・よ。

もう、針からヤズを外すのが面倒~~~な位・・・釣れたそうです。

で、食べる分だけキ-プしたそうです・・・。

あとは・・・(。・_・。)/ポイッ!!⌒>゚)##)彡

捌くの面倒くさ~~~い・・・・だって  ( ̄‥ ̄)

投稿者 reira : 15:39 | コメント (2)

朝陽が眩しい~~~(^-^)

関門海峡の某所はヤズにサゴシが豊漁~~らしい・・・。

今日も超早起きして某岸壁へ・・・・満員御礼でした(^_^;)

しょ~が無いのでもう少し先の岸壁へ行ってみました。

だれ~も居ませんでしたが・・・お魚も居ませんでした(ノ;_ _)ノ =3

で、某橋の下へも行ってみましたが・・・。

良いお天気でした・・・・。

おしまい・・・・。

投稿者 reira : 06:57

2010年04月23日

サウスチャレンジカップ第2戦 オ-トポリス

J-GP2に参戦しているなんちゃってR-6を駆るゼッケン12の5KE4君^^

たった一台のエントリ-・・・

そしてJSBとの混走・・・

しかし!!

並みいるJSBを従えて第一コ-ナ-に侵入の図 d(>_・ )グッ!

当然ストレ-トではぶち抜かれ、コ-ナ-で追いつめてバシッとパス(^^♪

タイヤチョイスの暴挙を味方につけて快走!

結果は総合3位・・・・でも商店街、いや賞典外なんですよねぇ・・・・。

でも、おめでとう!(*゚▽゚)/゚・:*【祝】*:・゚\(゚▽゚*)

・・・・今度はフロントもNewタイヤ・・・入れましょうね・・・。

投稿者 reira : 17:43 | コメント (2)

ミシュラン シティ-グリップ (^_^)/

ミシュランからビックスク-タ-対応のNewタイヤが新発売!

ウェット路面でのグリップ性能を飛躍的に向上させたシティ-グリップはグル-ブと同等の深さまでサイプ加工を施し、摩耗によるグリップの低下を極力抑えたプログレシップサイプテクノロジ-を採用しています。

ビックスクタ-の小径タイヤはレイン性能がイマイチ・・・

そんなネガテテイブな一面をカバ-する新しい技術の投入ですね!

えぇ~~と・・・これフォルツァですよね、ホンダの・・・^^;

投稿者 reira : 06:54

2010年04月21日

グリップの科学 (p_-)

マルチコンパウンドタイヤのイメ-ジ図で、街乗りゾ-ンとか峠・サ-キットゾ-ンとかって・・・・

メ-カ-さんが峠ゾ-ン???・・・見たいなヾ(- -;)

突っ込みどころ満載のMT7テクノロジ-はまぁ横に置いといて・・^^;

そもそもタイヤのグリップとは摩擦力のことであり一種の抵抗力と考えても良いと思います。

この摩擦には凝着摩擦、変形損失摩擦そして舗装路ではあまり関係がないかも知れませんがオフロ-ド等で重要な要素となる凝集力摩擦の3種があります。

凝着摩擦とは接地する相手の分子とタイヤのトレッドゴムの分子が結合し引っ張り合うアドヒ-ジョンと言う現象です。

粘着性としてイメ-ジしても良いのかも知れません。

そしてタイヤのグリップ性能の優劣を決定すると言っても良いものが変形損失摩擦。

これはヒステリシスロスと呼ばれ、路面の細かな凹凸に押しつけられたタイヤは凹凸に変形し、変形したゴムは元の形状に戻ろうとする特性があり、この時に発生するエネルギ-が熱摩擦となります。

凝集摩擦とは接地面との接触でゴムが引き裂かれたり削られたりすることで起る掘り起こし摩擦。

つまり凝集力を持つゴムが破壊されることによって起る抵抗力摩擦の事です。

まぁこれがタイヤのグリップ力の3大要素なのですが、タイヤのグリップとは荷重やμ(摩擦係数)、路面温度、装着された車体などと相対的なものでもあります。

サ-キット等は路面のミュ-μが高いのでタイヤのグリップ力も高くなるわけです。

何れにしてもグリップ力の優れたタイヤの硬度は柔らかな傾向になるということですね~。

但し、軟粘なゴムほどグリップが絶対に良いと言う事ではありません。

計測上の硬度は高くても現代のナノテクノロジ-によってナノ粒子を配合したゴムは高いヒステリシスロスを発揮することも証明されています。

要はゴムがどれ程、動的に活性化しているかって事です。

更に、動的な着力点に発生する絶対グリップ力はタイヤのカ-カスやベルトの構造、マテリアルのもつ特性、そしてモ-タ-サイクルの場合はキャンバ-スラストとコ-ナ-リングフォ-スによる力のト-タルがグリップの大きさとなる訳です。

同じタイヤでも路面や装着された車両の総合的な質量、ジオメトリ-、サスペンションシステム等によってその性能は相対的に変化すると言う事です。

車両とタイヤのマッチングは実に奥深いのですね~~~~。

BMWがウェット路面での走行性能が高いのはサックストラック(テレレバ-/パラレバ-)と言うサスペンションシステムのお陰でもあるのですよ(^_^)/

更につづく・・・・

投稿者 reira : 17:13 | コメント (2)

連鎖反応・・・・^^;

連鎖反応と言う訳では無いのでしょうが・・・・

999Sにもハイパ-な制動力を^^

PFCの0シリ-ズコンパウンド&ブレンボLFC600で未知の領域へ・・・

くれぐれもロ-タ-温度を意識してご使用になられますようよろしくお願いいたします^^;

ところで・・・

オ-ナ-さんはドカティは赤でしょ~~って言うイメ-ジが嫌で黒を選ばれたとか・・

確かに、私もドカティと言えばイタリアンロッソをイメ-ジしてしまいますね。

KTMならオレンジ、ホンダはトリコロ-ル、スズキとヤマハは何故かブル-!!

カワサキは何が何でもライムグリ-ンですもんねぇ~~(^。^)

イメ-ジカラ-と言えば・・・

レイラスポ-ツのイメ-ジカラ-ってYOKOHAMAの故GETTARブランドから来ています(~_~;)

ル-ツはアドバンカラ-。

でも、勝手に使っている訳ではないのですよ、チ-ムGETTARのカラ-リングは私の考えたデザインです^^

黒いタイヤに燃えるような赤い情熱・・・なんてイメ-ジで(~_~;)

若かったですね~あの頃は・・・。

投稿者 reira : 07:24

空冷V8エンジン (^_^)/

649cc、空冷V8エンジン・・。

モ-タ-ショ-でお目見えした1600ccV6マシンと言い、BMWでは何が起こっているのでしょうかねぇ?

今、BMWは燃えているのでしょうか・・・・^^;

投稿者 reira : 06:30

2010年04月20日

やっぱりPFC (^_^)/

レインコンディションでは使えない・・・・

ロ-タ-温度が低いとイマイチ・・・・

そんなPFCのブレ-キパットですが、いざカ-ボンメタリックパットの領域に入ってくると他を寄せ付けないハイパフォ-マンスを発揮!!

一度知ってしまうと、またPFCを選んでしまうんですよねぇ・・・^^;

ス-パ-スプリント用の摩擦材9シリ-ズは特に温度依存性が高いのですが、耐久レ-ス及びプロダクションマシン用として開発された0シリ-ズは熱依存性もかなり改善されています。

とは言え・・・

やはり通常の使用域温度とは異なりますので使用目的を充分ご理解の上、ご使用くださいませ(^_^)/

投稿者 reira : 06:20

2010年04月19日

spaceチックなヘルメットですね~^^;

ダイシン精器?

そんなヘルメットメ-カ-さんがあるのですね~~。

しかし、このヘルメットにウェア-合わせるのは・・・

難しそうですねぇ(~_~;)

投稿者 reira : 08:15 | コメント (4)

2010年04月18日

今日は暖ったかですね~ヽ( ´¬`)ノ

何時もの朝トレコ-スをちょっと先まで走り、展望台に登ってきました(^_^)/

少し霞んではいるものの、遠くまで良く見えます^^

天気が良いと北九州の海も青く見えますね~~~絶景じゃが!

約3キロ先の自宅も今日は見えますね~~(・」o・)」オーイ

やまびこは返ってきませんでした・・・^^;

日曜日の朝トレコ-スは賑やかです。

走る人、歩く人、お年寄りから若い人まで沢山です。

凄いオバちゃんも居るのですよ~、・・・

私よりも随分年上の様ですが、足の筋肉はパンパン!

しかも物凄く速い!

ナイキのウェア-に身を包み、オ-クレイのサングラス!

あんな風にカッコ良く歳を取りたいものですねd(-_^)good!!

投稿者 reira : 10:15

試乗会 (^_^)/

マリンメッセで開催されているハ-レ-の試乗会の帰りにオイル交換に(^_^)/

初めて乗るハ-レ-は同じバイクでも全く違う世界と言う印象を持たれたようですね~。

しかし、何よりも驚いたのはスタッフの方々の接客姿勢(^.^)

細やかな気遣いとお客様第一と言った接客態度は大変好感のもてる姿勢だったようです。

ハ-レ-の躍進はバイクの魅力だけではないそう言ったところにあるのかもしれませんね。

本来、ユ-ザ-さんに対する姿勢とはそうである事が当たり前なのですが・・・

バイク業界って不思議とそうではないんですねぇ。

特に車両メ-カ-の多くは販売店に対してもエンドユ-ザ-さんに対しても上から目線(>_<)

私たちがメ-カ-さんと共催しているイベントの運営でも凄く感じるところでもあります。

販売促進、需要創造の為のイベント運営なのに指導するなんて言ってますから・・。

運営や参加者に対する考え方そのものが上から目線・・・だから私はぶつかっちゃいます。

現場のスタッフの方々は高い志をもって事に当たっているのに・・・残念な事です。

特にレ-ス部門はその傾向が物凄く強いですね。

まっ限った事でもないかな?全てが万事かもです。

現在、大変な苦境に立たされている某メ-カ-さんの根幹的な要因はそこにあるのではないか?

と私は思いますねぇ・・・。

投稿者 reira : 07:16

2010年04月17日

晩春から初夏へ (^^♪

今日、東京地方では雪が降っているようですね~~(>_<)

こちらでもお天気は良いものの肌寒いですねぇ・・・・

それでも何時もの朝トレコ-スの木漏れ日の小路には晩春から初夏へと季節を引き継ぐ花たちが咲き誇っています^^

来週からは気温も平年並みに戻るそうです(^_^)/

地球温暖化と急激な気温の変化はやはり関係があるのでしょうかねぇ・・・

それでも野の花たちは粛々と季節を彩り続けているのですね^^

投稿者 reira : 06:56

なんちゃってJ-GP2 (~_~;)

明日はサウスチャレンジカップの第2戦がオ-トポリスで開催されます。

昨年まで全日本GP250クラスに参戦していた5KE-4君・・・・

しかし、GP250クラスが廃止と成ったため今年はJ-GP2に参戦。

でも・・・・

車両は04年のYZFR-6・・・スリッパ-クラッチも付いてません(>_<)

しかも、かろうじてST600仕様にスリックタイヤを入れただけ・・・^^;

更にJSBと混走の上、J-GP2のエントリ-は1台のみ(-_-;)

それでも彼は走るのです。

R-6のリアホイ-ルはMT5.5。

ホイ-ルとのマッチングはGP250用のスリックタイヤとなるのですが、これが全く600のパワ-と重量を受け止めてくれずに大苦戦!

でもって今回JSB用の190/645R17をMT5,5サイズのホイ-ルに組むという暴挙・・・・いや秘策に出ることに(^_^;)

さてさて、どうなることやら・・・。

投稿者 reira : 06:32 | コメント (2)

2010年04月16日

タイヤの科学 (^_^)/

マルチコンパウンド

最近、巷で大流行?のマルチコンパウンドタイヤ(^○^)/

売りはMotoGPテクノロジ-からのフィ-ドバックと言うところでしょうか( ̄ー ̄?)

かつてブリジストンが開発したサクト構造の特許期限が満了したことを契機に各社が挙ってこの手のタイヤを発売しましたね~。

ブリヂストンは元祖の誇りにかけて3LC/5LCと言ったマルチコンパウンドタイヤを発売、ミシュランは2CT、ダンロップに至ってはなんと7分割!!

MT7テクノロジ-と呼ぶそうです・・・。「(ーヘー;)

ところでこのマルチコンパウンドタイヤの製造はトレッドコンパウンドをデバイスから押し出す口金、つまりバルブを複数使用する方法が主流です。

※PC用語のコンパウンドデバイスとは意味が異なります。

これは生産設備が整っていれば難しいと言うほどの技術ではありません。

ブリヂストン製タイヤの断面を見ると異なったハ-ドネスのラバ-が直線的に並んでいます。

まぁこんなイメ-ジでしょうか・・・。

この構造のネガは大きく異なる硬度のラバ-を並べられないと言うところだと思います。

つまり、極端に耐久性を重視したコンパウンドとグリップ力を重視したコンパウンドはモジュラスや溶着力等の差の問題が大きく、物性の違ったラバ-が断裂してしまう恐れがあります。

ですから、現実的に配列されているラバ-はせいぜい10%前後のハ-ドネスの違いだと思います。

つまり・・・・そんなに変わらない?

しかし、逆にいえば10%もの違いがあると言うことでもありますが・・^^

体感はまず出来ないと思います・・・中には超人的に感じ取る人もいるかも知れませんけど・・・^^;

でもって、もっとタイヤセンタ-とショルダ-にハ-ドネスに差のあるラバ-を載せたいって事でダンロップのMT7テクノロジ-って事なのでしょうねぇ。

しかし・・・ケ-スとラバ-のずれ等、実走行で問題はないのかな???

各コンパウンドの配列された面積が小さくなりすぎることは剛性分布の違いによる偏摩耗が心配されますねぇ。

これは以前、サクト構造のバイアスタイヤに見られたトラブルでもあります。

と、ここまでは普通の分割構造のお話です。

ミシュラン社の2CT、ツ-コンパウンドテクノロジ-は全く別のアプロ-チでマルチコンパウンドタイヤを造っています。

2CT構造のラバ-はデバイスのマルチバルブで隣り合わせて押し出しているのではなく、熱加硫前の半生ゴムとでも言ったらよいのでしょうか、ロ-プ状に延ばされたトレッドラバ-をタイヤケ-スにスパイラル状に巻いて行き、グリ-ンタイヤと言われる熱加硫される前のタイヤを造ります。

更に断面は直線ではなく斜面に配列され、ハ-ドネスの違ったラバ-が重なり合っている面積が大きいのです。

つまり溶着面積も大きく、トレッド面の剛性分布も損なう事無く理想に近い。

ラバ-のハ-ドネスの差も比較的大きなものが使えると言う訳です。

よくもまぁこんな面倒で手間のかかる、そして難しいことをやるものです。

しかし、マルチコンパウンド構造としては理想的ですねd(>_・ )グッ

ブリヂストンやダンロップがやっている手法が駄目という訳ではありません。

ただミシュランが世界のタイヤメ-カ-のベンチマ-クとしての面目躍如といったところでしょうかね~~^^

つづく・・・・・・

投稿者 reira : 10:41

物凄く・・・考え中「(ーヘー;)

色々と欲しいものばかりで、優先順位が付けられない様ですねぇ・・・

でも、先ずは交換すべきものを交換すべしって事でタイヤ交換・・・・^^;

で次は試乗会??

良く分からない順番ですが、、私・・・思いました。

XJR1300のフロントフォ-クをバラしてみて、やっぱり行くしかないと・・

どんな事やったって、これには絶対に敵いません(^_^;)

きっと、惚れ直しますよ・・・。

オ-リンズ・・・キャンペ-ン中ですしね~~~~(^_^)/

投稿者 reira : 06:35 | コメント (4)

2010年04月15日

サルファ-

サルファ-とは原子番号16の元素、つまり硫黄の事です。

硫黄はゴムの加硫に使われます。

加硫とは、架橋反応の一種で、ゴム系の原材料(生ゴムなど)を加工する際に、弾性や強度を確保するために、硫黄などを加える行程のことです。

でもねぇ・・・・・

最近、巷では各地の温泉を巡り歩く温泉マニアな人たちをサルファ-って呼ぶのだそうです。

確かに・・・・温泉=硫黄( ̄ー ̄?)

知らない人が聞いたら猿がサ-フィンやってんのかって感じですが・・・^^;

チャ-ルズ・グッドイヤ-さんもト-マス・ハンコックさんもビツクリでしょうねぇヾ(ーー )ォィ

投稿者 reira : 10:26 | コメント (2)

フロントフォ-クのメンテナンス (^.^)

買ったばかりのXJR1300のフロントフォ-クから・・・オイル漏れ(>_<)

中古車とは言えクレ-ムでしょっ!

なのに、買ったお店には行きたくないらしく、私の所でついでにO/Hって事になりました。

で、もう少し腰のある仕様にしたいとのご希望でしたが・・・

SSのフロントショックアブソ-バ-と比較してネイキッドのモノは組み方による味噌醤油が効きにくいのですよ。

構造が簡素過ぎて、オイル粘度、油面の変更をしても大きな変化は期待できません。

でも、本来の能力の回復&プラスアルファ-は可能です(^_^)/

まぁ修理が目的なのでこれで満足して頂くしかありませんが・・・

どうしても、ご満足頂けないのであれば、オ-リンズ!

行くしかありませんねぇ~~~~~^^;

キャンペ-ン中ですしね~~~~~(*^^)v

投稿者 reira : 06:37

2010年04月14日

夜も眠れない・・・・・( ̄。 ̄)

BMW/S1000RR・・・・

いやもう、、、考えると夜も眠れませんよ・・・・(゚-゚;)ウーン

ちょっと前までMotoGPマシンでも乗らなきゃ体験出来なかったデバイス満載。

4つのパワ-デリバリ-モ-ドにレ-スABS、DTCダイナミックトラクションコントロ-ルにHPシフトアシスト・・・

乗って見たい・・・物凄く乗って見たい・・・・

思っていたよりお値段も随分低く抑えられてるしねぇ。

94年に勢いに任せてドカ916を買った時よりも、ずぅ~~~と安いヾ(ーー )

問題は勇気と印鑑・・・・^^;

印鑑はあるけど・・・

勇気が無いんですよねぇ、、、、

上の子・・・大学受験だし・・・・嫁さんの車もそろそろ危ないし・・・

やっぱり無理かな~~~~~。

投稿者 reira : 10:29 | コメント (8)

美味しいものは笑顔を創ります (^_^)/

4月。

新年度ですね・・・・

特に学生さんは新学年、新学期。

クラスメイトや先生方も変わり、環境の変化も大きいものです。

環境や関わる人が変われば色々あります。

家の子供たちも例に違わずいろいろあるようです。

親には話せない悩みも色々と・・・・

まぁ当然っちゃあ当然なのですが、

何となく落ち込んでいる姿を見て、何かしてあげたいと思うのも親ってもんです。(..、)ヾ(^^ )ヨシヨシ

先日、ここらではちょっと有名な洋食のお店に家族で食事に行きました。

キッチンTANKO(^_^)/

ここは手造りハンバ-グがとても美味しいと評判のお店です。

子供たちは勿論、デミグラスソ-スのハンバ-グヽ(^◇^*)/

大人はちょっとあっさりした和風おろしソ-スで頂きました=(´▽`)=

部活や課外授業で帰りも遅く、少し遅い夕食でしたが、美味しいモノが口に入ると重かった口も軽くなるようです。

美味しいものは笑顔を創るヽ(‘ ∇‘ )ノ

ちょっと遠い帰り道、先を歩く子供たちの笑い声に安心する・・・C=(^◇^ ; ホッ!

そんなこんなの親心・・・ですね^^

投稿者 reira : 07:32

ガエルネ・タフギアフラット (^。^)

最近、密かに?人気のガエルネのライディングシュ-ズ^^

ライディングシュ-ズって凄く地味~~~なモノかど派手なモノか両極端って言うか・・・

程々ってモノが少ないですよ。

で、このガエルネのタフギアフラットって丁度よい?

XPDやアルパインスタ-の様にドカンとメ-カ-ロゴも入ってないし(゚ー゚)(。_。)ウンウン

そんな事もあってウェア-メ-カ-さん等も自社カタログのモデルさんにも履かせてますね。

特にホワイトが見栄えもも良いのでウェア-メ-カ-さんには人気があるようです。

ご注文頂くお客さんの殆どがHYODのカタログを見て・・・^^;

>このライディングシュ-ズが欲しいけど何処のメ-カ-?

なんて、会話からですもんねぇ、、、、

不思議なものですね(^.^)

投稿者 reira : 06:36

2010年04月13日

BT-023GTモニタリング現在5500km(^_^)/

昨年からメ-カ-さんのご依頼を受けて実施しているBT-023GTのモニタリングも既に5500km。

フロントタイヤは想像を遥かに超える耐久性を発揮しています。

5500kmを走り終えて摩耗率は30%程度と言ったところで偏摩耗もありません。

クロスプライベルト構造が功を奏しているようですね!

対してリアタイヤは60%程度の摩耗がみられます。モニタ-車両のR1200RTとの相性なのか、タイヤ側の問題なのか、改善の余地はありそうですねぇ。

決して大人しい?走りをしているライダ-さんではありませんが・・・・^^;

10000kmと言う距離はクリア-出来そうです。

好みによってBMWの指定するタイヤ内圧よりも10~15%低く設定していますが、その辺も効いているのかも知れません。

この程度の摩耗度でも著しいハンドリング、ダンピング特性、ロ-ドノイズの変化はありません。

やはりハイレベルなスポ-ツツ-リングタイヤの証明が出来そうですね(^^♪

ところで、この辺まで摩耗が進むと以前記事にしたア-スラインが画像でもハッキリと確認できますね。

投稿者 reira : 11:28

菜の花咲き誇る遠賀川 (⌒-⌒)

遠賀川は、福岡県の筑豊地区から北九州市・中間市・遠賀郡を流れる一級河川。

九州で唯一、鮭が遡上する川でもあるんです(^-^*)

旧・嘉穂郡嘉穂町の馬見山に源を発し、筑豊地方の平野部を流れて福岡県北部の響灘へと注ぎます。

飯塚市、田川市、直方市、山田市(現在は嘉麻市)が産炭地として発展していた時代は、石炭を洗っていたため、川全体が黒く染まり、鮭も上らなくなっていましたが。現在は本来の川の色に戻っています。

淀むことなく脈々と流れる川の河川敷には四季を彩る花が季節を飾ります。

春には菜の花、夏にはヒマワリ、秋にはコスモス、そして冬には雪の華(^ー゚)ノ

その殆どが河川整備の護岸工事によるものですが、時がその景色を風情豊かなものに変えているのですねぇ。

子供の頃の一時期を遠賀川の側で過ごしました。。。o(゚^ ゚)

あの頃の春も鮮やかな黄金の花が、貧しくとも豊かな人々の心を育んでいたのですね(⌒ー⌒)

朧月夜
http://www.youtube.com/watch?v=UnEKCKh2P1A&feature=related

投稿者 reira : 11:05

オイルフィルタ-レンチ ( ̄. ̄;)

BMWのオイルフィルタ-は1100用のモノと1200用のモノではサイズも形状も変更されています。

当然、オイルフィルタ-レンチも今までの物は使えませんが・・・

BMWの純正工具でハゼット製のレンチは9000円w(゚o゚)w

余りにも高価なので、純正以外で使えるものは無いかと調べて見たら、どうもプジョ-の4輪用が使えるのではと考えて購入。

結果はドンピシャ!

価格も三分の一で済みました(^_^)/

ところで・・・・

BMWモタ-サイクルに使用するオイルは鉱物油で無ければいけない?

なんて言われておりますが・・・

その噂?の理由はポリアルファオレン系やエステル系のオイルはシ-ルへの攻撃性が強い為、オイル漏れを起こす可能性があるとか・・・。

確かにエステルやパラフィンはゴムを膨張させるという特性を利用してタイヤの耐劣化剤としても使われています、またポリアルフォレン系は収縮という逆の特性を持っています。

しかし、近年の工業用シ-ルゴムは100%化学合成で耐薬品性能は劇的に改善されており、トラブルを引き起こすという事は皆無に近いと思うのですが_(・・?..)

勿論、化学合成オイルも耐シ-ル性能は飛躍的に向上させています。

で、早速調べてみました(p_-)

BMWの4輪車やモタ-サイクルのトップレンジモデルHP2等のメ-カ-指定のオイルはカストロ-ルのパワ-ワン、化学合成オイルなんですねぇ。

BMW認定の三つ星メカニック、いわゆるマイスタ-の資格を持つ方に伺ってみました。

BMWモタ-ドのエンジンの多くは材質硬度もさる事ながら組み立て公差が甘いため、油膜性能の高いオイルを新車に使用すると当たりが付き辛く、敢えてそうではないオイルを指定しているディラ-もある・・・。

当然、BMWにも化学合成高性能オイルを使用することに問題はない。

ですよね~~~~^^

投稿者 reira : 06:35

2010年04月11日

久々にレ-ス雑誌を買いました ( ̄ー ̄?)

最近、2輪雑誌を買う事は殆どありませんでしたが・・・・

久々に気になって夜も眠れない機種の試乗記事と、ネオスタなる新カテゴリ-の記事・・・。

そして何よりもナントカ氏の最新スポ-ツタイヤ解説と言う記事が載っていたので、これはゆっくり読みたいなぁ~って(゚ー゚)(。_。)ウンウン

しかし・・・・

なんちゅうか・・・

タイヤ企画のアドバイザ-と言う肩書きの御方の解説???

カタログを見て書けば高校生でも書けそうな解説と言うか、かなり抽象的ヾ(ーー )ォィ

用語の意味も理解できていないし、つか使い方が意味不明だし・・・^^;

おそらくは色んなブログやネットで検索したであろうことが想像できる整合性のない文と理論的な具像性の無い解説にはガッカリ(;´д`)ノ

と言うか、解説ではなくカタログのおさらいの様な・・・

・・・・・・・やっぱりBMWバイカ-ズにすれば良かった・・・(T_T)

投稿者 reira : 16:18

足立山のしし笛 (*^◇^)/

今日は生憎の雨模様ですが、妙見神社では妙見さくら祭りが執り行われています。

特設の舞台で神楽舞などが披露されますよヘ(ё_ё)ノ

ところで、この妙見神社は今から2000年程前に天皇の命を受けた和気清麻呂が宇佐神宮に向かう途中、足に傷を負い難儀していたところに白いイノシシが現れ救ってくれたとの言い伝えが残っています。

古の昔には竹和山と呼ばれていた山は以来、足が立つ山、足立山と呼ばれる様になったそうです。

妙見神社では1400年の昔から、神詣での際には猪の鳴き声に似せた竹笛を吹き、無病息災、家内安全を祈念したと言われております。

その竹笛を信仰玩具として史実に基づき復活させたものが足立山のしし笛です。

このしし笛は北九州郷土玩具最優秀賞を受賞したとのことですよ~~(ノ゚ο゚)ノ

なんて話を一時間ほども聞かされた・・・・ボー( ▽ )o〇O

今日の朝トレの帰り道でした~~~~~^^

老木に遅れ咲の桜の花、、春も足早に過ぎて行きますねぇ。。。。

しかし、2000年も前の話ですが遥かなる神話にロマンを感じてしまいますね。

サライ・・・http://www.youtube.com/watch?v=LPruPMZ7H0k

投稿者 reira : 10:51

R1200S いいですね~(^_^)/

2006年の5月に・・・

R1100Sの後継モデルはもう出ないと言っていたのに出てしまったR1200Sヾ(ーー )ォィ

1100よりも12kgも軽くて24psも出力は上がってます。

98年発売の初期型と比べるとデザインもシャ-プですね~^^

オ-ナ-様は遥々山口市からお越しいただきましたm(__)m

S繋がりって訳ではないのでしょうが嬉しいですね(^_^)/

やはりBMWモタ-ドはエクセレントなモ-タ-サイクルですね!

投稿者 reira : 06:49

2010年04月10日

リ-ンイン d(>_・ )

おお~~気合いが入っていますね~~~!

女性隊員と言っても侮れません(~_~;)

しかし・・・・

右手の引き舵はあたり過ぎていますねぇ・・・

バンキングスピ-ドは上がりますが曲率は大きくなってしまいますねぇ・・・

こちらの隊員さんは下半身のホ-ルド不足。

ニ-グリップを意識し過ぎて内またでのホ-ルドがおろそかになってます。

これでは切り返しが遅れてしまいます。

とは言え、流石に日々の訓練の賜物!プロですね~~~(^_^)

でも何故、女性白バイ隊員の制服は赤なのでしょうか・・????

やっぱ女の子は赤なのでしょうかね~~^^;

投稿者 reira : 10:23 | コメント (4)

2010年04月09日

無料エア-チェック相変わらず実施中(^-^")/

いよいよバイクシ-ズンの到来です^^

本年度から実施中の無料エア-チェック&エア-充填サ-ビスは相変わらず実施中です!

遠慮は無用ですよ(^○^)/

是非、ご利用くださいませ~~~!!

ドライエア-&窒素80%・・・・ですけどねぇ(^▽^;)

また、タイヤ交換時のバルブチェック&ゴムエア-バルブ、虫ゴムの無償交換も相変わらず実施中です。

※無償交換は劣化の認められるゴムエア-バルブを対象としております。

※ゴムエア-バルブはバルブホ-ル11,5mm(STDサイズ)のみ対応、バルブはTR412及びTR413を準備しております。

投稿者 reira : 17:23

ビュ-エルXB12SS (^_^)/

何となく、違った感じのビュ-エルだなぁ~・・・

何て思っていたら、この機種はスイングア-ムが50mm程ロングなんだそうです^^

なるほど・・・(・_ ・)

ところで、ビュ-エルのタイヤ交換作業は一般的な作業時間の約2倍は掛かります。

しかし!!

初期のモデルと比較すると随分メンテナンス性も向上しましたね~~~(^_^)/

と言っても1,5倍の時間は要しますが・・・(^_^;)

メトリックとインチの入り混じったボルト類、逆ネジやボルト、ナットの勘合部の長さも特殊な部類だとおもいます。

公差の甘い工具を使うと一発でボルト・ナットを痛めてしまうと言うデリケ-トな面も・・。

ハ-レダビットソンと言う質実剛健なパワ-ユニットを抱えるビュ-エルはヤマハの市販ロ-ドレ-サ-TZのジオメトリ-を踏襲した車体と強大なトルクが相まって異質のコ-ナ-リグマシンとしての存在感は他に類を見ません。

少々おや?なんて思うところがあろうとも、一度ハマってしまうと抜けられない・・・

そんな妖艶なアメリカンス-パ-スポ-ツ!がビュ-エルなんですね(^_^)/

投稿者 reira : 13:23

2010年04月08日

桜吹雪・・・春が行く (゚‐゚*)

何時もの朝トレコ-スの桜並木に風が舞い、桜吹雪が何とも言えない美しさを見せています。

儚さ?潔さ?

私には季節のフィナ-レを飾る自然のパフォ-マンスに映ります^^

梅に始まり緋寒桜、そしてソメイヨシノ(*^-^)

取りを務めるのは枝垂れ桜。

枝垂れ桜も今週末には満開を迎えそうですね~~~ヽ(‘ ∇‘ )ノ

奇跡の花・・・・夏川りみ
http://www.youtube.com/watch?v=bJM_l_3FqSc&feature=related

投稿者 reira : 07:03

ブラストバリア-v('▽^*)

高速道路を80km巡行でもかなりの風圧を受けて疲れるんです~(>_<)

なんて事でブラストバリア-を装着。

こんなに遠慮気味なサイズで効果あんのかなぁ・・・・( ̄ー ̄?)

なんて思っていたようですが、小さくても効果は大きいんです!

プラスαのスピ-ドで巡行しても全く問題無くなったそうですよ^^

このサイズ、このデザインならネイキッドならではのスタイルも損ねませんしね~ъ( ゚ー^)

このサイズで充分な防風/整流効果を発揮し、ハンドリングにも影響を与えないというのは、風洞実験で確りと開発された形状だという事なのかな??

確かにロ-ドレ-サ-にしてもスクリ-ンがデカけれりゃエエっちゅうもんじゃなかですもんね。

投稿者 reira : 06:45

2010年04月07日

タイヤのバイブル ( ̄ー ̄?).....

タイヤの話の中で度々登場するJATMA規格。

JATMAって一体何ですかぁ?

なんて質問をお受けしましたので簡単にご説明いたします(^_^)/

JATMAとは日本自動車タイヤ協会の略称で既に40年以上の歴史を持っています。

日本工業規格JISのタイヤ版と言ったところですね。

このJATMA規格は乗用車、トラックやバス、農耕用や産業用、2輪用までほぼ全てのタイヤ、ホイ-ル、エア-バルブまでの規格をつかさどる業界のバイブルなのです。

タイヤの空気圧による負荷能力の対応基準からスピ-ドレンジ基準、規格、指数まで事細かに表記されています。

車両の設計者はこのJATMA規格をベ-スに採用するタイヤを選択し採用していくのですが・・・

全く新しいコンセプトをもって開発される車両の中にはタイヤメ-カ-と共に新たな規格をもったタイヤを開発していくことになります。

これからのハイブリット車等はエクストラ-ド規格やレインフォ-スド規格をさらに上回る強化タイプの規格も必要になってくると思います。

私の提案する空気圧やリム幅とタイヤのマッチングも自身の経験値に基づくのは勿論ですがJATMA規格を充分鑑みての数値でもあるのです。

JATMA規格が全てではありませんが、普遍の原理原則であることは間違いありません。

基本原理の知識が確立されてこその応用が利くわけですから、基本原理を知らずしての応用はあり得ない訳です。

JATMA規格の中にはレ-シングタイヤや月面探査機などの記載はありませんが、原理原則の応用技術の上に成り立っています。

参考までにピレリやメッツェラ-など海外のメ-カ-の中にはJATMA規格に加入していないタイヤもありますが、これは国際標準化機構規格ISOで管理されており、さらにヨ-ロッパ規格ETRTOやドイツ規格DIN、アメリカ規格TRA等によってそれぞれの規格が定められています。

これらの規格はJATMA規格と殆ど変わるものではありません。

したがって何となく経験ではこうでしょう・・・・

なんて話は要注意ってことですよ(^_^;)

JATMA規格ブック、一般的にはかなり珍しい本?ですがご希望があれば何時でもお見せいたしますよ(^v^)

投稿者 reira : 13:06 | コメント (4)

ドォ~~ンと鳴った花火が綺麗だなぁ~~(^^♪

月曜の定休日に某所に夜釣りに行ったのですが・・・

何時もは殆ど渋滞など無いのに、この日は大渋滞(・_・?)

遠くに赤色灯も見えるし、事故??

なんて思っていたら・・・・

いきなりドォ~~~~ン((((((ノ゚⊿゚)ノ

なんと季節外れの花火大会だったんですね~~~~d(⌒o⌒)b

誘導されるままに駐車スペ-スに入ったら・・・

何故か旅館組合の駐車場・・・特等席ではあ~~りませんか^^

まぁ車見て勘違いしたのでしょうね、ラッキ-!!

一時間以上も続いた打ち上げ花火。

なんでも日本一長い足湯の開所記念のお祭りだったようです~~。

本当は釣りに来たのですけど、釣りができる様な状況ではありませんでした・・。

それでも祭りが終わり、人気のなくなった頃から滅多にやらないエギングをやって見ました。

なんと1投目からヒット~(*^_^;)_o/━━━━━━>゚)))≫彡

それから2時間ほど嫁さんと二人で釣れまくりヽ(^◇^*)/

烏賊はコウイカでしたが足の裏サイズから拳骨サイズを23杯!

久々の爆釣でしたよ~~~(^^♪

でも・・・・・

イカを捌くというか、皮むきって言うのですか・・・

烏賊って下処理・・・大変なんですねぇ・・・(-。-;)

投稿者 reira : 10:13

K1200R 10000km (^_^)/

以前はダンロップ・クォリファイア-のフィ-リングがお好みでしたが、タイヤライフが如何とも・・・^^;

でもって、パイロットロ-ド2をお勧めしました。

期待通りロ-ド2はなんと約2倍の走行距離をマ-ク(^_^)/

世のお父様方は限られたお小遣いの中からタイヤ代を捻出しなくてはなりませんからねぇ・・

今回もランニングコストに関しては超エクセレントなミシュランを選択(^^♪

又、車両との相性によっていささか癖のあるパイロットロ-ド2も、ちょっとしたサスペンションのセットアップによってかなり補正出来ます、、。

勿論、空気圧の設定でもフィ-リングは大きく変わってきます^^

BT-023GTと言う選択肢もありますが・・・・

K1200Rには少々ケ-ス剛性が高すぎるかもしれません。

そうなるとクオリファイア-のフィ-リングとはかけ離れたものになってしまいます。。。

次回はBT-023のスタンダ-ドタイプを試してみるのも良いかも知れませんね(^.^)

まぁ10000km先の話ですけど・・・^^;

投稿者 reira : 06:53

2010年04月06日

季節はずっと (^.^)

何時もの朝トレコ-スの桜も葉桜が目立ってきましたね~。

舞い落ちた桜の花びらが木洩れ日の小路を敷き詰めて晩春を彩っています^^

少し、もの哀しい・・・

けれど夏の訪れを予感させる眩しい陽の光は嬉しくもありますねぇ・・・

夕暮れ間近の太陽は白壁にれんとの蒼い瓶を写し取り、色彩の温度が青から赤へと移り変わる暖かさを感じます。

季節はずっと変わらない(^_^)/

季節はずっと・・・・・ほたる日和^^
http://www.youtube.com/watch?v=aMM1G3HqcIE&feature=related

投稿者 reira : 13:35

ハイウエイのスナイパ-( ̄▽ ̄;)!!ガーン

高速道路を鼻歌交じりで走行中・・・・

3車線道路の一番左車線から物凄い勢いで黒い車がハイエ-スの前に・・・(@Д@;

ビシィッ・・・・

その瞬間、ハイエ-スのフロントウィンドウにハネ石が着弾 (T▽T;)

なんじゃあ~ごらぁ~~~~( #` ¬´#) ノ

なんて・・・・

おらびたかったのですが・・・・

真っ黒なレクサス・・・・

フルスモ-クのウィンドガラス・・・

余り趣味の良いとは言えないアルミホイ-ル・・・

禁断のゾロ目ナンバ-・・・・(▼▼メ)

そう、何があっても関わってはいけないお車なんですねぇ( ̄▽ ̄;)

車で良かったぁ~~バイクだったら・・・・

これがヘルメットのシ-ルドだったら・・・・・(-_-;*)

皆さん、ハイウエイのスナイパ-にお気を付け召されよ・・・。

投稿者 reira : 11:36 | コメント (2)

スズキSV1000S (ノ^^)ノ

スズキSV1000S!お初にお目に掛かります(^^♪

1990年代中盤から国産メ-カ-も挙ってビックツインス-パ-スポ-ツの開発に力を注いでいましたね~。

当時のドカティの活躍と人気に大きな影響を受けていたのは間違いありません。

しかし・・・

このカテゴリ-って日本では中々定着しないのでしょうか・・・

でも、ドカティは売れているらし~~し(・_・?)

SV1000/Sは2003年に発売され2008年が最終モデルになってしまいましたが、輸出仕様は120ps、扱いやすいエンジン特性と軽快なハンドリングはマルチパ-パスなバイクだと思うのですが・・・

サ-キツトからツ-リング、タウンユ-スまで道を選ばないある意味ス-パ-バイクですよ。

ツインマニアな私は興味津津・・・・o(´^`)o

投稿者 reira : 10:15

大隅半島釣りある記 最終回(^-^*)/

佐多岬から今、青物が熱い桜島に移動~~~!!

桜島には不測の事態に備えて避難港と呼ばれる岸壁が各所に設けられています。

その中の一つに青物の絶好ポイントがありますo(^o^)o ワクワク

まだ夜も明けやらぬ早朝・・・・

竿を担いで超高い堤防へ・・・・

しかし・・・・

青物?ちゃぁ青物・・・・・( ̄. ̄;)

結局、陽が昇るまで振りまくりましたが、、異常なし( ▽ )o〇O

で、気持ちを切り替えて桜島名物アラカブ狙いに変更!!

しかし・・・・

こんなサイズばかり・・・・(;-_-) =3 フゥ

殆どがリリ-スサイズですよ。

それでも粘りまくってギリギリ?

20cm程度のアラカブを3匹キ-プして今回の大隅半島釣りある記は終了です^^

まぁあまり釣れませんでしたが、早朝の海を釣り歩いて朝温泉に浸かる気分は最高じゃっどヽ( ´¬`)ノ

次は秋ですね~~~(^_^)/

投稿者 reira : 07:11

2010年04月04日

ソメイヨシノの枝垂れ咲 ^^

何時もの朝トレコ-スの途中に、枝が下に向かって伸びているソメイヨシノの老木があります。

一度、折れ掛けたのでしょうか?

枝の途中には大きなこぶがあります。

自然って凄いですねぇ・・・・(^_^)/

ソメイヨシノの枝垂れ咲!見事ですよ~~!!

投稿者 reira : 10:42

桜もオレンジ色に染まります (^^♪

日々、光の強さが増してきた今日この頃・・・

夕陽の朱も鮮やかになってきましたね~~~~ヽ(^◇^*)/

雲間から漏れ照らす夕陽が桜の花をオレンジに染める夕暮れ時・・・

良い季節になりましたね (^▽^*)

投稿者 reira : 07:38

ST1100 (^.^)

DOHC・V4縦置きエンジン、乾燥重量は298,4kg!!

超重量車ですよね~~(^_^)/

オイルの注入口も4輪車の様にヘッドカバ-に設けられています。

ところで、超重量級のST1100に何故ラジアルタイヤが採用されなかったのでしょうか?

初期型は1990年だったと記憶しておりますが、既にラジアル規格も定着していたのにブレ-カ-を補強したバイアスタイヤを限界空気圧を指定してまで採用したのか謎ですね。

1990年前後、確かにラジアルのフロントタイヤの構造が迷走していた時期でもあったし、やはりハンドリングに問題があったのかも・・・知れませんねぇ(-_-)ウーム

因みに1996年以降はラジアルタイヤが採用されています。

現在のバイアスタイヤのラインナップでは殆ど選択肢はありません・・・。

ずっとビバンダム君と仲良く暮らすしかありませんね(^_^)/

投稿者 reira : 07:06

2010年04月03日

ボルゼンのスペシャルなボルト d(-_^)good!!

キャリパ-の取り付けボルトをボルゼンのキャップボルトに交換(^_^)/

グッと引き締まりますね~~!

その昔、レ-ス後半にプレ-キの熱ダレからタッチに剛性感が無くなる事に悩んでいたら、当時コンパイルレ-シングで走っていた松戸直樹くんから、これ使ってみたら・・・って。

チタン製のキャリパ-組み立てボルトと取り付けボルトを貰っちゃいました(~_~;)

で、その効果は・・・

高価だけに効果あり・・・ヾ(~∇~;) コレコレ

箱物の構成部材の硬度、強度が上がれば当然、箱の剛性も高まるってもんですねぇ。

勿論、耐熱性も優れているし。

増して軽いし。

そして何よりも見かけがカッコいいし( ̄∇ ̄*)

見かけ・・・かなり重要ですよねぇ^^

チタンとまでは行かなくとも硬質ステンレス製のボルゼンも充分効果はありますよ~~!

投稿者 reira : 06:57

エブリワンのポ-ク卵おにぎり弁当(゚∇゚*)

奄美大島や沖縄では一般的なお弁当なんです(⌒-⌒)

でもねぇ、本土では中々根付かない様ですねぇ・・・・

去年の春ごろ、セブンイレブンでも新商品としてデビュ-しましたが、あっと言う間にリストラされちゃいましたねぇ・・・(-_-;)

でもねぇ南九州では一大勢力を誇るエブリワンには作りたてのポ-ク卵おにぎり弁当があるのですよ!

奄美大島のエブリワンで売っているモノとはポ-クハムが違うのですけど・・・

それでもとっても美味しいんです(*゚▽゚)ノ

鹿児島に行った時には必ず桜島を眺めながら頂くお弁当^^

わっぜぇ~美味いがよ~~~≠( ̄~ ̄ )モグモグモグモグ

投稿者 reira : 06:43

2010年04月02日

ス-パ-カ- !!(ノ゚□゚)ノ

最近のス-パ-カ-の事は良く分かりませんが・・・

何となく・・・ランボルギ-ニ・カウンタック(・_・?)

ナイスミドル風?のおじさんが乗っていましたが、世の中、景気の悪い人ばかりでは無いようですねぇ・・・

だってマンション買えちゃいますよねぇ・・

中古の一戸建てでも買えちゃいますよねぇ・・・

・・・・・・・・・・・・(〃´o`)=3 フゥ

投稿者 reira : 11:30 | コメント (4)

大隅半島釣りある記 その2(^◇^)

釣りはやっぱり朝まずめですよね~~~('-'*)オハヨ♪

第一、 段々と明るくなってくるし・・・怖くないし(⌒-⌒)

ところで、大隅半島って年中カマスが釣れるんです!

一般的には晩夏から秋がシ-ズンなんですけどねぇ・・(・-・)

大隅でもっとも大型のオオメカマスが釣れるのは早春から梅雨時期までの間です。

でもってメバルロットでオオカマス狙い^^

堤防には既にルア-マンが2人。

やっぱりカマスを狙っているようです。

地元の方のようですねぇ、タックルはウルトラライトに極小ジグヘッド・・・(゚.゚*)

パワ-シラスのSSクリヤ-かな???

私ら夫婦は90mmのミノ-&特大ワ-ムで狙います。

周りが微かに明るくなってきたころ・・・

時合いですo(^^o)(o^^)oワクワク

地元のルア-マンが次々に30cm程のカマスを釣りあげますが・・・

私ら・・・当たりすらありません・・・( ̄△ ̄)

でもねぇ・・・見えてるんですよ・・・

デッカいカマスがルア-の後を追ってくるのが・・・o(∇^*o)

そして陽も昇ったころ嫁さんにヒットォ~~!!!!

メバルロットがブチ曲がってますよ

オオメカマス4※cm(ノ゚ο゚)ノ

デカイし!!w(゚o゚)w

その後、わんのミノ-にもガッツンとヒットォ~~!(;゚o゚)

オオメカマス4※cm~~~~ヾ(´ρ`)ノ

その後、嫁さんが2匹、私も2匹追加してカマスの食いも渋くなり終了。

一番小さなカマスで32cm、充分、充分~~~~(≧∇≦)b OK

地元のルア-マンは一人30匹以上は釣ってましたね~~~~

でも小せ~~~~し~~~~~~~ヾ(・ε・。)

しかし、彼らは勝ち誇った顔してましたよ・・・

私らに聞こえるようにかどうかわかりませんが・・・

ここんカマスは小さいワ-ム、それもクリア-じゃないと食わんがよ・・・

なんて、でっかい声で呟いてました・・・(-。-;)

でもねぇ、私らがカマスの画像を撮っているのに気がついて・・・

思わず・・・・デカッ!

なんて言うちょりました・・・^m^

その後、彼らがミノ-にチェンジして投げまくっていたのは言うまでもありません・・・・( ̄  ̄;)

私らが狙っているのはあくまでもデッカマスなんですよね~~~~

つづく・・・・・

投稿者 reira : 11:03

16インチ v('▽^*)

16インチ、これはもともとWGP500ccクラスでスズキワ-クスが新兵器として投入したのが最初でした(  ¨)ノ.

当時、主流だった前後18インチに対してフロントに装着された16インチサイズのタイヤ・ホイ-ルはタイヤ外径の小径化によって回転モ-メントを小さく抑えレスポンスの向上やブレ-キング特性にも大きな向上をもたらしました。

又、展開幅の拡大、サイドウォ-ルのボリュ-ムの確保などによりキャンバ-スラストパワ-とコ-ナ-リングフォ-スが大幅に増大((((((ノ゚⊿゚)ノ

それに伴い強力なグリップ力と深いバンク角を確保しました。

これらの性能向上は曲率の極めて小さな旋回性を実現しタイムは飛躍的に向上。

スズキはWGPのチャンピオンシップに勝利したのですね~~(*゚▽゚)/゚・:*【祝】*:・゚\(゚▽゚*)

チ-ムガリ-ナのRGB500を駆るマルコ・ルッキネリ選手だったかな?

その後、RG250γのフロントに16インチが採用され、各メ-カ-もそれに続きました。

これが日本車に装着されたOEM初のミシュランタイヤになりました^^

しかし、一般市販タイヤのテクノロジ-の範中では16インチのネガである早期に発生するセルフアライニングトルクと極端に劣る直進安定性を解決することは出来ずに、時代は17インチにシフトして行ったのですねぇ・・・(@ ̄_ ̄)

でもしかし・・・時代は巡る??

現在のWGPの主力は16インチ!

当時のテクノロジ-とはシャ-シもサスペンションシステムもタイヤも比較にならない程に進化を遂げていますが、狙いの性能は当時と全く同じです。

勿論、一般市販タイヤに投入されるテクノロジ-も当時とは比較になりません。

CBR893cc、919cc、929ccに装着されたフロント16インチのタイヤも車両の発売当時よりも当然進化しており、ス-パ-スポ-ツが目指す本来のフロントを軸にした旋回性、旋回力をもっとも理想に近い形で具現化しているのです。

外径の小ささから来る摩耗の早さは如何ともし難いのですが・・・ヾ(- -;)

まだまだネガティブな面を全て払拭するには至っていませんが、再び16インチの時代が来るかも知れませんね!

オ-ナ-様、是非とも16インチのマイスタ-を目指されてくださいませ(*^-°)v

投稿者 reira : 06:28 | コメント (4)

2010年04月01日

YAMAHA TX650 ヽ(‘ ∇‘ )ノ

いやまぁ本当に綺麗なTX650(^.^)

こんなにコンディションの良いTX650は大変、希少で貴重ですね~d(-_^)good!!

私に取ってVF750Rが仕事の想い出バイクなら、ツ-リングの想い出深いバイクはTX650( ̄ヘ ̄)

高速道路でキャブが外れたり、ワインディングを抜けたらサイドスタンドが根元から削れて無くなっていたり・・・( ̄_ ̄ i)

色んな事があったけど、独特なヤマハバ-チカルツインの奏でるエクゾ-ストノ-トは何ともヨカ音でした。

この頃のヤマハは良かったね~~(  ̄_ ̄)

何年か前にTX650のリバイバルを企画していたスタッフは、大型ビックスク-タ-開発の企画と競り合っていたそうです・・・

しかし・・・

最終的に商品企画のお偉いさんからNGを出されボツ・・・ヾ(- -;)

今、予想外?の善戦を見せているCB1100を見てど-考えているのでしょうかねぇ┐('~`;)┌

投稿者 reira : 12:42

2010春、大隅半島釣り歩き その1(^○^)/

大隅半島初日、佐多岬に到着したのは午後11時。

潮は中潮のど干潮・・・・

干潮でなければ乗れない地磯に向かいます。

夜遊びしているヒラスズキ?いやヒラセイゴがきっとおらっしゃあ筈ですばい。

そげな妄想をふくらませながら・・・

この日の為に買った105mmの烈波ヽ( ´¬`)ノ

磯際にまずは1投。

ソロリソロリとリトリ~~ブ

月の明かりに照らされ、根がぼんやりと見えます・・・

その際を通した瞬間!!

ガッツン(゚д゚;) ヌオォ!?

きっ来たぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・

と思ったら・・・ガッツリ根掛かり・・・(TmT)ウゥゥ・・・

新品の烈波105mmを1投目で無くしちゃいました・・・(--,)ぐすん

こりゃ暗いうちは瀬回りは危険と判断・・・身の危険ではありませんよ・・

で、絶対根掛かりする危険のないサ-フへ移動。

何を狙うわけでもありませんが、何か居るっちゃ無かろうかと・・

底を叩きながら、ソロリソロリとリトリ~~~ブ・・・

沈黙。

そして沈黙・・・・・( ̄。 ̄)

時間はもう午前1時過ぎ・・・

何だか背中のゾクゾクする時間帯ですよねぇ・・・・~~~(m-_-)mウラメシヤァ

そろそろ撤収かぁなんて思っていると。。

いきなりガッツン!!

ん??

根掛かり????

と、次の瞬間ドラグが唸り、竿がブチ曲がり~~~~~~

きっ来たぁぁあああー!!(;`O´)o/ ̄ ̄~ >゚))))彡バタバタ

なんか物凄くトルクフルと言うかガンガン底に突っ込む感じ・・何?

強引なやり取りで浜にズリあげた相手は・・・・・

全長2mはあろうかと言うダイナンウミヘビ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

フックを外そうとするも、コイツ凶暴な大口開けて噛みつこうとするんですね~~

流木で頭を押さえつけて何とかフックを外して放置・・・^^;

触るの怖いし・・・まぁ波打ち際も近いし・・・

自分で海に帰るでしょ・・・なんて思っていたら・・

草むらから黒い影がw(゚o゚)w

稲妻の如く素早い動きでダイナンウミヘビをかっさらって行きました・・

狸・・・そうポンポコリンでした。。

草むらからずっとわんを見ていたのですかねぇ・・・

背中のゾクゾクはそのせい(゚ペ)?

不気味、ほんまに不気味だったので・・・この日は撤収・・・。

つづく・・・・・

投稿者 reira : 09:49

ブル-ナイト (ノ´▽`)ノ

九州本島最南端北緯31度線上に位置する佐多岬。

3月29日午後6時44分、海と空の境目が無くなるほどの蒼の世界が広がりました。

今まで幾度も佐多岬を訪れましたが、こんな景色は初めてでした。

画像は何の加工もしていません。

と言うか、実際にはもっともっと蒼く深く幻想的な世界が広がっていました。

海も空も空気も澄んでいるのでしょうね・・・・

暫し感動(*゚o゚*)~゚

また君に恋してる・・・・ビリ-バンバン
http://www.youtube.com/watch?v=DFtvOKXP-MQ

投稿者 reira : 07:19 | コメント (2)

新車の輝き (o^-')b

まるで新車の様な刀ですね~~(⌒-⌒)

ところで、この頃のモ-タ-サイクルのタイヤってバイアスプライタイヤですが・・・

刀やZ、CBにはダンロップのバイアスプライがベストです(*゚▽゚)ノ

バイアス構造のパンタグラフ的なしなやかなさは使用されているマテリアルと相まって、バイアスプライならではの穏やかな路面追従性を発揮します。

余りにも耐久性を追求し過ぎた欧州のタイヤはカ-カス、ブレ-カ-の枚数も多く、ラバ-もハ-ド過ぎてしなやかなタイヤの動きを阻害していると思います。

流石に当時のOEMタイヤを網羅していたダンロップのバイアステクノロジ-の真骨頂ですね!

但し、当時の欧州車にはダンロップのバイアスプライタイヤは少々ケ-ス剛性が不足していてメッツラ-のレ-ザ-テックやBSのBT45V以外ではシミ-が発生する可能性があります。

メ-カ-よってそれぞれに得意、不得意がある訳ですねぇ(-_-)

それにしても・・・・

白錆一つ浮いていないエンジン!

フィンの奥まで磨かれておられるのでしょうか????

画像では伝えきれませんが、新車より綺麗な刀かも知れませんd(-_☆)

投稿者 reira : 06:33